赤ちゃんの離乳食でお肉はいつごろから食べさせればいいの?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku-babyfood0126

具体的に赤ちゃんの離乳食で、いつ頃からお肉を食べさせられるのでしょうか?

基本的にお肉は、おかゆ→野菜→豆腐や白身魚が食べられるようになった後から始めるのがベストです。

いわゆるモグモグ期とい言われる離乳食中期、生まれて7~8ヶ月くらいたった頃でしょう。

お肉はある程度、離乳食になれた子に食べさせることができる食材です。

また、お肉でも種類が違うと食べさせられる時期も違ってきます。

離乳食でお肉をはじめるなら、まず最初は鶏のささみがオススメです。

低脂肪で柔らかいので、余分なスジは取ってボイルしてほぐし、おかゆに混ぜて食べさせてあげるといいですよ。

鶏むね肉も比較的脂肪が低い部分なので、皮はしっかり取り除いて、小さく刻んで茹でてから食べさせましょう。

鶏のひき肉もいいのですが、スーパーなどで売っているものは脂肪分が多めなので、白っぽいものは避けるか、むね肉やささみのひき肉を選ぶといいですよ。

豚肉は脂肪分の少ないヒレ肉やロース、モモなどの赤身を選ぶようにしましょう。

薄切りのものを選んで、脂肪の部分は取り除いて、一度茹でてから調理するといいですよ。

牛肉の場合、離乳食に使う部位は、ヒレやロース、肩、モモなどの赤身です。

牛肉も一度茹でてから千切りにしたり、細かく切ってから炒め物にしたりします。

この時あまり味が濃くならないようにすることも大切です。

お肉は赤ちゃんにとっても大切な栄養素が豊富に含まれた優れた食材です。

食べにくそうだったら葛や片栗粉でとろみをつけるなど、ちょっと工夫してみるといいですよ。

またYahooなんかで検索すると、お肉を使った様々なレシピが紹介されていますので参考になりますよ。

>>トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す