バーベキュー発祥の地はアメリカではなくカリブ海の島だった!

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

img-bbq 0413

いよいよ暖かくなってきてアウトドアで焼肉、アウトドアで焼肉といえばバーベキューですよね。

自然の中で楽しむバーベキューって最高ですよね^^;

みなさんの中にはバーベキュー発祥の地が、イメージ的にアメリカのと思ってる人も多いのではないですか?

100年ほど前にテキサス州中部のミートマーケットで始まったとされされる説がありますが、本当はカリブ海に浮かぶ島がルーツだったんです。

バーベキューの語源は“バルバコア”というスペイン語。

カリブ海の島の人達が、豚や大きな魚を強火で調理する方法として考案されたのがバーベキューの原型といわれています。

Caribbean-bbq 0413

それが100年ほど前にアメリカに渡り“バーベキュー”という英語に変化したというのが正解のようです。

カリブ海ではスペインに統治される遥か前から食べられていた伝統料理といっていいでしょう。

みなさんの中にもハワイやグァム、タヒチなどに行かれた人いますよね。

豚や魚などをバナナの葉っぱなどに包んで蒸し焼きにした料理を食べたことありませんか?

ハワイの郷土料理ラウラウは、タロイモとティの葉に肉や魚を包んで蒸し焼きにする料理。

グァムのチャモロ料理にも、いろいろな木の葉っぱで丸ごとの豚と熱く熱した石を入れて包み込み、シートで覆って砂をかけ、半日から1日かけて蒸し焼きにする伝統料理があります。

そして、フィジーの伝統的料理ロボは、地中に掘った穴(ロボ)に熱く焼いた石を放り込んで、その上にヤシの葉で包んだ鶏肉や豚肉、魚、タロイモなどを入れて、バナナの葉を被せて2時間以上かけて蒸し焼きにする料理があります。

fiji-robo 0413

これらの料理はタヒチなどの南方から渡ってきたポリネシア系の海洋民族によってもたらされたと考えられています。

ポリネシアの伝統料理がカリブ海に渡りバルバコアに、そしてアメリカに渡りバーベキューへと発展していったのが本当のところでしょう。

いつも何となく食べてるバーベキューですが、ルーツをたどってみると、太平洋やカリブの島々に少しづつ形を変えながら、伝統料理として受け継がれているのは面白いですよね。

まぁ、こんなことを考えながらバーベキューを食べる人はいないと思いますが・・・。

カリブの島はじめ、世界中の人々に愛されているバーベキュー。

日本人の私たちは、家の中で楽しむのが焼肉で、アウトドアの自然の中で楽しむのがバーベキューという楽しみ方をしています。

いよいよバーベキューの季節到来です。

みんな集まってワイワイ、美味しい牛肉でバーベキューを思いっきり楽しんでください。

トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す