ブランド和牛の条件とは?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

brandwagyu-condition1224

ブランド和牛の条件は結構曖昧なものがありますが、みなさんもよく御存知の神戸牛、近江牛、松阪牛の日本三大和牛をじめとする銘柄牛のことを指します。

国内には飛騨牛や佐賀牛など、よく知られたものからさくら和牛、市場発横浜牛など、あまり聞きなれないものまで、ブランド牛・銘柄牛と呼ばれる和牛が多く存在します。

いったいいくつのブランド牛が日本にいるのかご存知でしょうか。

何と驚くことに数えられるだけでも二百数十種類にも及びます。

ブランド和牛になるには、和牛であることが前提条件となります。

そもそも和牛とは、産地のことではなく品種のことを指しています。

その品種には、和牛の90%以上を占める「黒毛和種」をはじめ、熊本県や高知県などの「褐毛和種」、北海道・東北地方の「日本短角種」、山口県の「無角和種」、があり、これらを総称して「和牛」と呼びます。

産地のことではなく品種のことを指すので、例えば「外国産」であっても「和牛」が存在します。

例えば、今年話題になり東南アジアやヨーロッパでも人気のオーストラリア和牛があります。

牛肉のブランドや銘柄は、産地(地理的表示)、血統(品種)、枝肉の格付け、飼育法などにより、
ある一定の基準を満たしたものに付けられているのが一般的です。

牛に限らず、銘柄家畜の命名や基準については、(社)中央畜産会が定めた「産地等表示食肉の生産、出荷等の適正化に関する指針」に従うことが望ましいとされています。

これに従って定めた各銘柄牛の品種や基準については、(財)食肉消費総合センターでも紹介されていますので見ることが出来ます。

各基準には明確な法律などが摘要されるわけではありませんが、最終的には各推進団体の基準により決められます。

ブランド牛はそれぞれ商標登録などされている場合がほとんどなので、勝手にブランドを名乗ることはできません。

しかし、私が自分の牛をもっていて、勝手に「もも牛」なんて呼んだりすることは自由なわけです。

各推進団体は、いくつかの団体や組合などが集まった、半公的な組織といえますが、何を信頼するかは、ブランド牛を認定している各推進団体及び、販売店と消費者との信頼関係にかかっているのではないでしょうか。

いずれのブランド和牛も生産量、流通量ともに少なく希少な存在です。

厳格な基準の元肥育されることから、肥育の仕方が違う輸入肉とは価格に大きな違いがあります。

和牛肉の良さ、輸入肉のメリットを知って、賢く使いわけることが大切です。

トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す