健康長寿と肉食の関係

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

choujyu-nikushoku

健康長寿といえば、誰もが思い浮かべるのが「粗食」という言葉ではないでしょうか。

つい最近まで、野菜を中心とした食生活で、できるだけお肉を控え、カロリーを抑えるのが「長寿の秘訣」と言われてきました。

ところが研究の結果、こういった食生活は健康長寿とはほど遠くなると考える専門家の方が増え、お肉との関係が見直されています。

年齢を重ねてもなお活躍している著名人でいえば、80歳を超えた冒険家の三浦雄一郎さんがステーキ好きなことが知られています。

また、作家の瀬戸内寂聴さんも90歳を超えた今でも好んでよくお肉を食べるとか・・・。

生涯現役、健康長寿と肉食は密接な関係がありそうです。

健康長寿にこそお肉は欠かせない食材なんです。

お肉を食べると、体に必要なアミノ酸が補われて、血管が丈夫になります。

すると脳卒中のリスクが減り、動脈硬化、糖尿病、高血圧症、心臓病、うつ病、貧血なども予防できるそうです。

とかく日本では悪者にされてきたコレステロールは、本当は必要なものだったわけです。

「肉が健康長寿に不可欠」と言うと、“コレステロール値が高くて”と敬遠する人もいらっしゃるでしょう。

しかし、コレステロールは、細胞の素材となりホルモンの源になるなど、必要不可欠なものです。

欧米諸国のように、血中コレステロール値が高く、心筋梗塞などの死亡率が日本の5~7倍も高いことからコレステロールが悪者扱いされるのは理解できますが、日本ではその心配はありません。

まず、日本人はコレステロールの摂取量が欧米諸国の人達に比べて低いというデータもありますし、日本人の死亡率第一の原因はガンだからです。

ちなみにガンはコレステロール値の低い人に多いことがわかっている病気なんです。

高齢者の方は、糖尿病や高血圧、高コレステロール、メタボリックシンドロームに対する予防・対策といった健康への意識が高く、これまでは高齢になればなるほど「粗食」になる傾向がありました。

厚生労働省でも、13年ぶりに健康づくりの指針を見直し、自立した生活ができる健康寿命を最優先とし、肉などのタンパク質を高齢者がしっかり食べるよう推奨しています。

日本人はもっとお肉を食べたほうがいいということです。

1日の目安は80gといわれています。

でもお肉だけ食べていればいいわけではなく、野菜、魚、穀類などをバランスよく食べることが大切です。

また、お肉も牛肉だけというのではなく、豚、鶏などいろいろな種類を選ぶこともお忘れなく。

「これだけ食べていれば大丈夫」という食材はありません。

食事はバランスよくが理想で、そういった食生活を続けることが大切です。

お肉には、子どもから大人まで、全ての人間が活動する上で必要不可欠な栄養素が多く含まれています。

長寿とお肉の関係もう一度考えてみませんか。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す