ブラジル料理のシュラスコが美味しいお店バルバッコア・グリル

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

churrasco-barbacoa150319

若者を中心に人気のシュラスコは、鉄串に牛肉や豚肉、鶏肉を刺し通して、荒塩や岩塩をふって炭火でじっくり焼く、ブラジルをはじめとする南アメリカの肉料理です。

焼いたお肉は、ステーキというか、焼肉というか、どちらともとれる料理ですね。

スペイン語では「チュラスコ」又は「アサード」と呼ばれ、アルゼンチンやウルグアイ、ボリビアなどでも人気の肉料理です。

シュラスコを供するレストランを「シュハスカリア」と呼び、牛を中心とした肉の様々な部位を串刺しにして、ギャルソンもしくはシュハスケイロ、牧童の格好をしている場合はガウーショと呼ばれる男性ウエイターが串ごと客席に運び、目の前で食べたい量を切り分けてくれるのが、シュハスカリアの特徴です。

ウエイターが持ってくる串は肉類だけではなく、エビやパイナップル、焼きバナナなどもあり、パイナップルの酵素は肉などの消化によいとされているので、理にかなった料理といえますね。

ブラジルのシュハスカリアでは基本的に時間制限はなく、昼に来て夕方に帰る客も多いとか・・・。

また、ブラジルでは牛肉に関しては充実していて、とても贅沢です。

日本のように「もったいない」という考えはないようで、食べ損ねて冷たくなった肉も皿ごと取り替えてくれます。

また、Bem Passado(ベン・パッサード、英語で言うウェルダン)、Mal Passado(マウ・パッサード、レア)などの焼き加減や、脂身の多い少ないなど、肉の好みが人によって違うので、客はみなその希望をギャルソンに言えばその通りにしてくれます。

基本的に必要以上の肉がまわってきた場合はその都度断ればいいのですが、シュハスカリアではそういった手間を省くために表裏に緑色・赤色で塗った金属片や木片、カードを置いてあることがあります。

緑色を上にすると「肉を持ってきて欲しい」というウエイターに対する意思表示になり、逆に赤色を上にすると「いらない」という意思表示になります。

日本では、赤を上にすると、サービス提供のすべてを断り、食事は完全に終了したと見なされるので要注意です。

日本にも1990年代に多くのシュラスコを売りにしたブラジル料理や肉料理のレストランがオープンしたが、バブル崩壊とともに減少してましたが、近年でまた各地で増えつつあります。

今回ご紹介するのは東京・青山のバルバッコア・グリル。

churrasco-barbacoa0319

東京に来てブラジル料理を食べるなら「ここ」というくらい海外の方、特にブラジルの方には有名なお店で、芸能人のサインが書かれたお皿がたくさん飾られています。

churrasco-barbacoa0320

今回はお昼だったので、ビュッフェ・ランチ食べ放題にシュラスコ食べ放題の3,000円のシュラスコ・ランチをチョイス。

サラダバー、フードバーが食べ放題で、野菜はもちろん、フェイジョアーダなどの豆料理やライスやカレーなども食べ放題です。

churrasco-barbacoa0321

シュラスコは、様々なお肉が次から次に出てきてとても充実しています。

churrasco-barbacoa0322

食事の後はデザートも・・・。

デザートバーと隣にはドリンクバーもあり、スイーツもソフトドリンクも充実していて満足できるものです。

churrasco-barbacoa0324

ブラジルの人が大好きなソーセージなどもあって、延々と食べ放題なので無理しないで、自分の好きなものだけを食べるといいですよ。

このシュラスコ、一度食べると独特のスパイスも好きになってしまいます。

ランチメニューは1,200円の日替りの単品、1,500円のビュッフェ・ランチ、そして3,000円のシュラスコ・ランチの3種類。

ディナーなら平均6,000円くらいからになりますので、ランチはとてもリーズナブルな価格でお腹いっぱいになるのでオススメです。

チャンスがあればブラジル料理のシュラスコが美味しいお店バルバッコア・グリルを訪ねてみるといいですよ。

お肉好きならきっと満足できますよ。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す