究極のステーキを食べるなら銅製フライパンで焼くべし!

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

fryingpan-nakamuradouki1126

元々美味しいステーキ肉を更に美味しくするのが焼く道具、つまりフライパンです。

様々な素材でできたフライパンがありますが、断然オススメなのが銅製のフライパンです。

鉄やステンレス、シルバーストーンの鍋などと使い比べていただくと違いは歴然です。

銅製を選ぶプロの料理人が多いのは『味がまろやかになるから・・・』という理由からです。

銅版に蓄熱された余熱で調理できるため、玉子はふんわり、肉は肉汁を逃すことなくジューシーに仕上がります。

銅素材は熱伝導性と保温性に優れ、料理道具に適しているし、ムラなく均一に熱が通るため、焼きムラや焦げ付きが生じにくいという特徴があります。

1893年には極僅かな銅を水に混ぜるだけで、驚くべき殺菌作用を有することが発見されています。

これを金属微量作用と呼び、銀や水銀も同様の効果を示すことが発見されてます。

最近では、O-157を始めとする食中毒の大発生により家庭用品も抗菌、殺菌効果のある商品が注目を浴びています。

そんな中で銅は昔から殺菌効果の優れた材料として知られており、今銅製調理器具が見直されています。

私がオススメするのは、東京の下町足立区に親子4代に渡り銅鍋製作をしている中村銅器製作所の銅製フライパン。

全国の一流料亭や寿司職人などプロたちが愛用する道具として知られる老舗です。

ひとつひとつ手打ちで打出していることも、手作りの温もりが感じられます。

作り手の心が伝わってくるような風合いにも、使い込むほど愛着が湧いてきます。

fryingpan-nakamuradouki1127

錫メッキではなく錫を焼き付けているので、油がなじみやすく、使いこむほどに鍋の状態が良くなるのもポイントです。

言葉で言い表すのは難しいことですが、使えば分るのが中村銅器製作所の銅製フライパンです。

最大のメリットは熱伝導率が非常に高いのでお肉などの食材がより一層美味しく仕上がります。

反対に重い、値段が高い、手入れが面倒くさいなど、家庭向きではないという方もいます。

手入れはちゃんとしておくに越したことはありませんが、有名ホテルの厨房のようにピカピカにしておく必要はありません。

銅の調理道具の内面は、スズが焼き付けてありますので、基本的にはゴシゴシ磨けません。

柔らかいスポンジで汚れをとって、できれば使用後に、 一般的な鉄フライパンのように油を塗布しておくとより良いでしょう。

ただ、プロの職人の方は、その点は割り切って、ゴシゴシ磨いている方もいるようです。

下町の巨匠に言わせれば、フライパンや卵焼き器は、かえって磨かずに油焼けした状態をそのままにしておく方が、 保温力が良くなるともいいます。

もちろん、汚れを落として水気を拭き取っておくく必要はありますが、 磨いてピカピカにしておくのは外観の問題であり、本来そこまでのお手入れの必要はありません。

その意味では、銅フライパンのお手入れも、それほど大変なものではありません。

愛情を持って使えば、銅製のプラいパンは”一生モノ” ということです。

美味しいお肉を更に美味しくするには、道具を変えればプロの仕上がりに近づけるはずです。

みなさんも銅製のフライパンで和牛ステーキを焼いてみてください。

更に美味しくてジューシーなステーキが味わえますよ。

お値段はちょっとお高くなりますが価値ある逸品だと思います。

中村銅器製作所の銅製フライパンがお安く買えるお店がありましたのでご紹介しておきます。

>>究極のステーキを焼くための銅製フライパン

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す