和牛肉の赤身が霜降りを逆転!?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku-akami141109

和牛肉の赤身の人気が急上昇してブームになりつつあり、高級和牛の代名詞である霜降りを逆転したとさえいう人もいます。

「ちょっと硬い」と敬遠されがちだった赤身ですが、健康志向の高まりとともに見直されています。

ダイエット愛好者やメタボが気になる方など、女性を中心に人気が高まっています。

私の住む大阪に、たまに出かけるお店に肉料理店「Buff:バフ」があります。

gyuniku-akami141110
ダイニングバー Buff

2年前にオープンしたのですが、開店時は霜降りロースが主力メニューだったのですが、今では赤身の注文が急増して人気を二分しているそうです。

gyuniku-akami141111

「霜降りは胃にもたれるから量を食べられないし、美容と健康を考えて赤身を頼みます」と、赤身を注文する女性が増えているそうです。

赤身には、脂肪を減らす効果がある「カルニチン」や、肌や髪の維持に役立つ「ビタミンB群」が豊富に含まれています。

カロリーを気にする女性やコレステロールを気にする中高年にファンが増えています。

2013年の牛肉国内消費量は約87万トン。

赤身に明確な定義はないそうですが、輸入肉のほか乳用牛や和牛のモモの一部を指すことが多いようです。

中でも柔らかい和牛の赤身の人気が急上昇しているようです。

一方、和牛農家は1991年の輸入自由化後、安価な外国産に対抗するため、高級な「霜降り」の生産に力を注いできましたが、近年赤身に注目が集まるとともに、赤身に転向する農家も増えています。

赤身人気で『霜降り神話』も変わりつつあるといわれます。

しかし、和牛の霜降りにも赤身にも、外国産にはない独特の風味があります。

和牛肉好きの私としては、これからも霜降りも赤身も食べ続けて行きたいと思っています。

美容や健康のことを考えると赤身がいいのかもしれませんね。

>>通販で安く買える松阪牛の赤身特集

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す