コレステロールを気にしない牛肉の選び方

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku-cholesterol0120

牛肉と聞くとコレステロールが高くて太るイメージがありますが、決してそんなことはありません。

お肉の脂肪に含まれているコレステロールはごく少量なんですが、お肉の脂肪が体内に入ってくるとコレステロールをたくさん作るように作用してしまうのも事実です。

脂っこいものはほとんど食べていないのに血液中のコレステロールが高いという人もいます。

また、野菜が極端に少なく、魚をあまり食べない欧米人すべての人がコレステロールが原因で太っているということもありません。

もちろんコレステロールが少ないからといってお肉ばかり食べるのも論外です。

牛肉の脂の部分は、高級和牛などでないかぎり人の体温では溶けにくい性質を持っています。

摂りすぎるとコレステロールが体内に貯まりやすすくなり、体のためにはよくありません。

しかし、牛肉には私たちに必要不可欠な栄養素を豊富に含んだ食品です。

血液の成分、ヘモグロビンを作るために欠かせない栄養素「鉄分」もその1つです。

鉄分は私たちの体内で作ることができない栄養素です。

鉄分が不足すると貧血になってしまう可能性もあるわけです。

そんな貧血予防に効果的なのが、牛肉や豚肉といった食肉に多く含まれる「ヘム鉄」なんです。

野菜や海藻に含まれる非ヘム鉄に比べても吸収率が高く、その差は約10倍にもなるといわれています。

私たちも動物です。

牛肉や豚肉に含まれる動物性の鉄分が私たちの体には合っているわけです。

貧血に限らず、手足の冷えや枝毛などの予防にも効果があります。

そして、コレステロールがすべて悪だというのも誤解です。

コレステロールは脂質の一種で、私たちの体内の様々な器官に存在していて、細胞膜の構成成分であったり、ホルモンの原料であったりして、私たちの身体を作り上げるのに不可欠な成分でもあります。

コレステロールを上手く摂取するのには、お肉や魚、野菜など、バランスの良い食事を摂ることが大切なわけです。

牛肉ならコレステロールをあまり気にすることのない赤身がオススメです。

また、お肉に含まれているコレステロールや脂肪の量は、牛なのか豚なのか、どの部位なのか、食べ方よっても違ってきますので、牛肉選びの参考にしてください。

gyuniku-cholesterol0121
食べるのを控えたたい部位(100g当り)

gyuniku-cholesterol0122
コレステロールの少ない部位(100g当り)

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す