牛肉とコレステロールの意外な関係とは?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku-cholesterol01wr26738

コレステロールは体に悪いというイメージを抱いていませんか?

今や三大成人病の原因ともいわれるコレステロール。

悪いイメージしかないコレステロールですが、私たちの体にとっては必要不可欠な物質でもあります。

脂肪の1種として知られるコレステロールはホルモンや脂肪の消化液である胆汁酸、ビタミンDなどの原料にもなる大切な成分なんです。

また牛肉は、スタミナ源であるたんぱく質を手っ取り早く摂ることができる食べ物しても知られています。

これまで牛肉は健康に有害な食べ物とされることが多かったのですが、実際に、健康的な食事法と比較してみると、牛肉を最も多く摂取した場合に、悪玉(LDL)コレステロール値が最も改善されることが分かったのです。

過去の研究でも、脂肪の少ない牛肉の赤身を取り入れた健康的な食事はLDLコレステロール値を下げることが示されています。

むしろ気にしなければならないのは中性脂肪です。

栄養バランスを考えずにお肉ばかりを食べたり、野菜はほとんど採らないといった食事をしていると中性脂肪が飛躍的に蓄積されてしまう可能性が高くなります。

また過度な飲酒も中性脂肪を増加させる原因にもなります。

心筋梗塞や糖尿病、肥満の原因になる中性脂肪は注意しなければなりません。

バランスの良い食事を心がければ牛肉を食べても、それほどコレステロールを気にすることはなさそうです。

とは言っても、食べすぎや過剰摂取は禁物です。

適度な量とバランスの良い食事を心がけることで健康な体を維持することができます。

健康な身体を維持するにはコレステロールと上手く付き合って行くことが大切です。

どうしても牛肉の脂が気になるという方は赤身を食べるといいでしょう。

>>トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す