長寿の秘訣は牛肉だった!?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

choujyunohiketsu63785

長寿の秘訣はお肉だという人もいるほどで、「50歳以降の人は肉をもっと食べましょう」と提唱する人もいます。

「年をとるにつれて、肉を食べたいと思わなくなった」ということをよく耳にしますが、それは単にお肉の脂が体によくないという思い込みにすぎません。

お肉を食べたいと思うかどうかは生命力のバロメーターです。

確かに牛肉などの肉類はエネルギーの源です。

牛肉に体に必要な栄養素が多く含まれています。

健康で長生きの秘訣は、脂ばかり気にするのではなく、牛肉などエネルギーの源となる肉類を積極的に摂る食事が大切になってきます。

若い頃は大好きだったお肉を、加齢とともに敬遠したくなるのは、生命力が衰え始めている証拠にもなります。

お肉は消化吸収すためにはにエネルギーを必要とする食品なので、体の調子が悪かったり、体力がなくなってくると「食べたい」と思わなくなってしまいます。

そもそも老化とは、体からたんぱく質と脂質が抜け落ちていくことで起こる現象です。

「たんぱく質」が減ってくれば、筋肉や骨の量が減り、体力も落ちていき、最悪の場合は寝たきりなんてことのもなりかねません。

必要以上に「脂質」が減れば、身体のさまざまな部分の細胞膜が弱り、病気が生じやすくなります。

老化現象の始まる50歳以降の人が、たんぱく質や脂質の宝庫であるお肉を食べなくなると、老化のスピードが増々加速して、寝たきりや病気になりやすい体になってしまう危険があります。

老化を防ぐためには、牛肉などのたんぱく質を普段の食事で摂ることが大切になってきます。

とはいっても、食べたくない人が無理にお肉を食べても胃腸に負担がかかってしまうことになります。

そんな時にはお肉を美味しく食べられる調理法を工夫すればいいでしょう。

「脂っぽい」「胃もたれがする」という方は、脂身をとり除いたり、軽く湯通しして脂を落してからから調理すると、さっぱりとした肉料理に仕上がります。

「硬くてよく噛めない」「飲み込みにくい」と感じる方は、調理前に肉をパイナップルやキウイなどの果物に漬け込んでから調理するとお肉が柔らかく仕上がります。

また、軽く叩いておくのもお肉を柔らかくする方法の一つなのでいいでしょう。

「肉のパサパサした感じが嫌だ」という方は、片栗粉を薄くまぶしてから調理してみてください。

片栗粉が肉汁を閉じ込めるので、パサパサ感がなくなります。

安いお肉を調理する場合は、肉のすじに切り込みを入れておいたり、一口大に切ってから調理すると食べやすくなりますよ。

一方、肉が大好きな人は、週に1回はステーキを心ゆくまで楽しみましょう。

私のおばあちゃんも週に1回は、100gのステーキを美味しそうに食べています。

choujyunohiketsu31674

私が奨めているのは、歯ごたえのあるお肉のステーキです。

よく噛むことであごの運動にもなり、脳の活性にも役立ち、ボケ防止にもなります。

また、牛肉はカロリー値の高い食品ですが、よく噛んで食べると、それが運動になってエネルギーを消費することにも繋がります。

よく噛んで食べれば、お肉の持つカロリー値が、そのまま身についてしまうわけではありません。

お肉のカロリーだけを気にして避けるのではなく、健康な身体でいたければ食べ方を工夫すればいいわけです。

食べたい牛肉は食べて、ストレスのない生活をすることが長寿の秘訣です。

トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す