牛肉の食中毒防止する食べ方と保管方法

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku-food-poisoning 0603

食中毒は、1年を通して発生していますが、気温・湿度が高くなるこれからの暑い季節は特に
気をつけなくてはなりません。

肉を生で食べたことが原因で起こる、カンピロバクター食中毒や腸管出血性大腸菌食中毒(O157など)には特に注意が必要です。

平成24年7月から、食品衛生法に基づいて、牛のレバーを生食用として販売・提供することが禁止されました。

牛のレバーに続いて豚の生レバーについても今年6月中旬から飲食店などでの提供を禁止することが決まってます。

食べてはいけない理由は、牛の肝臓には重篤な疾患を併発する食中毒を起こす腸管出血性大腸菌が含まれているからです。

また牛のレバーからO157の除菌は困難です。

そして、豚の肝臓にはE型肝炎ウイルスが付着している可能性があり、表面にサルモネラ菌などの細菌が付着して、食中毒を引き起こすおそれがあると指摘されています。

カンピロバクターや腸管出血性大腸菌は、少量の菌でも食中毒を起こします。

特に、抵抗力の弱い子どもや妊婦、高齢者は気をつけなければなりません。

新鮮であっても、菌が付いている肉を生で食べれば、食中毒になる可能性がありますので、
牛を食べる際には中心部まで十分に加熱しましょう。

目安は、肉の内部の温度が75度で1分間加熱することです。

例えば、ハンバーグなら、竹串を刺してみて肉汁が透明になり、中の赤身がなくなった状態になれば、加熱は十分です。

食中毒の原因となる細菌やウイルスを「つけない」「増やさない」「やっつける」が食中毒予防の3原則です。

新鮮なお肉でも過熱することは大切ですが、

・買ったお肉はすぐに冷蔵庫へ保管する

・肉汁が漏れないように包んで保存する

・冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に保つ

など、保管にも細心の注意が必要です。

牛肉は暑い季節のスタミナ補給には欠かせない食材です。

焼肉やバーベキューなど、自分で肉を焼きながら食べる場合も、十分加熱して生焼けのまま食べないようにしましょう。

食中毒はお肉を十分に加熱することで防ぐことができます。

食中毒に注意して美味しいお牛肉をいただきましょう。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す