牛肉をヘルシーに食べる方法

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku-healthy 01

牛肉をヘルシーに食べるためには、余分な脂を摂らないようにすることが大切です。

健康的な食生活をするには、カロリーを抑えるためにも余分な脂を摂らない工夫が必要です。

同じ牛肉を調理する場合でも、蒸す、焼く、煮る、炒める、揚げるなど、調理方法によってカロリーも異なってきます。

牛もも肉100gを調理すると、

生では:  209kcal 
蒸すと:  201kcal 
網焼きでは:201kcal
煮ると:  205kcal
茹でると: 189kcal 
炒めると: 220kcal 
揚げると: 339kcal

同じ牛もも肉でも茹でたときと揚げたときでは150kcalも違ってくるわけです。

蒸す調理は、牛肉の余分な脂肪分が落ちるため、とてもヘルシーな食べ方だということがわかります。

逆に、揚げる調理は食材が油を吸うため、カロリーが高くなってしまいます。

同じ調理方法でもちょっとした工夫をすることで、余分な油分を取り除いてカロリーを抑え、よりヘルシーに仕上げることができます。

余分な油を摂らない工夫こそが、お肉をヘルシーに食べるコツです。

余分な脂を摂らないで、ヘルシーなお肉にするポイントをまとめてみましょう。

  電子レンジを上手く活用する

gyuniku-healthy 02電子レンジで調理する場合、油を使う必要がありません。

油を使わないことでカロリーを抑えることができます。

電子レンジは、加熱速度が速いので、短時間で料理ができるのが利点で、肉などを焼くときにはフライパンよりもカロリーを抑えることができます。

また、カレーやハンバーグに入れる玉ねぎも耐熱ガラスに入れて、電子レンジで加熱するといいですよ。

フライパンで炒めるのと同じように、たまねぎのの甘さがしっかりと出すことができます。

炒め油を使わないので、カレーやハンバーグのカロリーが約20kcalは低くなります。

油を少しでも摂らないようにするためには、小さな積み重ねも大切ですよ。

  フライパンでの料理で余分な油を取り除く

gyuniku-healthy 03焼肉やハンバーグをフライパンで調理すると、お肉から油が溶け出してきてフライパンにたまります。

その油は調理しているうちにお肉の周りにまた付着してします。

この余分な油をペーパータオルでこまめに取り除くだけでも、カロリーダウンになります。

焼肉のカルビを200g焼いた場合、余分な油を取り除くだけで、80Kcalもカロリーダウンになります。

また、焼きあがった焼肉やハンバーグをペーパータオルを敷いたお皿にのせて、表面についた油を取り除くのもカロリーダウンに繋がります。

  余分な油やアクを取り除く

gyuniku-healthy 04調理する際に油やアクをこまめに取り除くことで、簡単にカロリーダウンすることができます。

煮ものなどの油やアクは、油とり専用シートや煮物用アク取りシートをのせるだけで取り除くことができますが、調理中は鍋の横についていて、余分な油やアクを取り除くことが大切です。

落としぶたをすることでも効果があり、煮汁が全体にいきわたります。

カレーやシチュー、ロールキャベツ、肉じゃがなど、煮物料理をする場合にシートを使うと、かなりのカロリーダウンができます。

専用のシートを使って4人分の肉じゃがを作った場合約220Kcalものダウンになります。

カロリーが高いと思われがちなお肉ですが、ちょっとした工夫でこんなにもヘルシーな食べ物に変えることができます。

健康的な食生活をするためにも、余分な油を控えたヘルシーなお肉を食べましょう。

>>トップページへ戻る

コメントを残す