安い牛赤身肉を美味しくする熟成肉の作り方

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku-jyukuseiniku1109

安い赤身のステーキ肉でも、美味しいお肉に化けてしまうのが熟成肉です。

熟成肉を作る方法には、欧米で発展した「ドライエイジング」「ウェットエイジング」2つの方法があります。

寝かせたお肉は、「これが同じお肉なのか?」と疑ってしまうほど、格段に美味しさが増しています。

熟成肉の味を一度知ってしまうと病みつきになってしまいますよ。

見た目はカビが生えていたり、黒くなっていたり、とても美味しそうには見えません。

しかし、お肉は「腐りかけが美味しい!」といわれていることご存知ですよね。

熟成されたお肉の周りをトリミングすると、とても綺麗なお肉が現れます。

gyuniku-jyukuseiniku1110

熟成肉は、「ウェットエイジング」で、ご家庭でも比較的簡単に作ることができます。

ウェットエイジングとは、一般的には赤身肉を布で巻いたり、真空パックに入れたりして、お肉を乾きを抑えた熟成法です。

美味しい熟成肉の作り方

ブロック肉を使うといいのですが、カットした赤身のステーキ肉でもいいですよ。

また、ちょっと硬くて普段ではカレーやシチューなどの煮込み料理に使うスネ肉も熟成させると柔らかくなりますよ。

お肉の水分をペーパータオルでしっかり取ってから、ジッパー付きの保存パックに入れて空気をしっかり抜きます。

0℃~2℃の冷蔵庫の中で3日間程度ねかせます。

一度取り出して、不識布や寒冷紗、なければキッチンペーパーに包んで凧糸で縛って保存パックに入れます。

gyuniku-jyukuseiniku1111

また0℃~2℃の冷蔵庫の中に戻して、できれば吊るしておきます。

こうして、早ければ3、4日で美味しい熟成肉が出来上がります。

大きなブロック肉なら、2週間程度寝かせるといいですよ。

たった1週間程度で、安い赤身肉が美味しい熟成肉に化けてしまいます。

後は、不要な部分をカットして炭火で焼くなど、できるだけシンプルに食べるだけです。

gyuniku-jyukuseiniku1112
gyuniku-jyukuseiniku1113

熟成したお肉は、口の中に入れると甘いナッツのような独特の熟成香が漂い、何とも言えない美味しさになっています。

和牛の赤身なら、さらに至福の味が楽しめますよ。

脂の少ない低脂肪のお肉になっているので、コレステロールが気になる方にもおススメです。

安いお肉が美味しくなる熟成法を是非試してみてください。

>>お買い得! 黒毛和牛スネ肉ブロック

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す