ダイエットや貧血予防など効能で選ぶ牛肉の部位

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku-kounou1031

同じ牛肉といっても部位によって栄養素もさまざまで、ダイエット時に食べると効果が期待できる部位、貧血を予防する部位など、部位によって効能も違ってきます

部位の効能を知っていれば牛肉の食べ方も変わってきます。

お肉をしっかり食べている人ほどスリムな体型だったりすることってありますよね。

お肉は太るイメージがありますが、実は、お肉は食べたほうが痩せやすいということご存知ですか?

肉は、筋肉の材料となるたんぱく質源で、摂取すると筋肉が付きやすくなり、代謝のアップにも繋がります。

特に牛肉赤身には、脂肪燃焼を促すL-カルニチンが豊富なことが知られています。

牛肉には体を温める効果や消化機能や腎蔵の働きを良くし、貧血の予防や骨を丈夫にする働きを持っています。

三千年の歴史を持つ「中国医学」においても、牛肉の部位と美や健康は深い関わりがあると説いています。

自分の目的に合わせて牛肉を部位で選んで食べてみるのも良いかもしれませんよ。

牛肉の部位による効能

● ダイエット

モモやヒレなど赤身と呼ばれる部位は、脂肪が少なくてカロリーも低いので向いています。

特に外モモは、カロリーが牛肉部位の中で最も低く、意外にも、秋刀魚よりも低いんですよ。

● 貧血予防

レバーには鉄分が多く含まれているので女性には嬉しい部位です。

ビタミンEが豊富なので、ホルモンの活動を活発にすることから、生理痛や生理不順の症状緩和も期待できます。

また、眼精疲労にも良いビタミンAが人参の10倍も含まれています。

● 美肌効果

牛すじやハツ、シマ腸などホルモンと呼ばれる部位には、美容成分として注目されているコラーゲンが多く含まれています。

また、関節痛にもよいといわれています。

ハツは心臓のことで、ビタミンB1が多く含まれているので疲労回復に良いとされています。

● 血圧・コレステロールの予防

牛タンにはタウリンが多く含まれています。

タウリンは、血圧や血中コレステロールを正常にするとともに、貧血予防や肝臓の解毒作用を促進したり、不整脈改善、糖尿病の予防などに役立つといわれています。

● カルシウム補給

テッチャンと呼ばれる大腸にはカルシウムが多く含まれています。

最も多く含まれているのがカリウムで、高血圧の予防にも効果があります。

コプチャンと呼ばれる小腸に比べるとテッチャンの方がヘルシーだといえます。

● 胃腸の回復

牛には4つの胃があります。

それぞれの部位はミノ、蜂の巣、センマイ、ギアラ と呼ばれています。

イタリアでは、蜂の巣とトマトをじっくりと煮込んだ「トリッパ」という料理が有名です。

蜂の巣は、胃腸の回復に良いといわれています。

体を作っていく上で必要なたんぱく質を多く含むミノや、貧血を防ぐ鉄を多く含むセンマイは焼いて食べるといいでしょう。

● 疲労回復・滋養強壮

牛髄は牛骨やテールに含まれています。

日本ではほとんど食べられませんが、韓国では骨付きカルビの骨をよく焼いて中の髄を食べる人を良く見かけます。

また、牛のテールをことこと煮込んだテールスープは、疲労回復や滋養強壮に効果があるといわれています。

テールにはコラーゲンもたっぷり含まれているので、美容にも良いことから多くの女性が好んで食べています。

冷え性の方は、牛肉を食べる時にビールやワイン、烏龍茶などを一緒に撮るといいでしょう。

焼酎や紹興酒もオススメです。

冬の寒い時期には、ビーフシチューなどの煮込み料理が体を温める効果があります。

にきび、肌荒れ、アトピーのひどい時は控えめにする必要があります。

gyuniku-kounou1032カロリーやコレステロールが気になる方は、同じ部位でも食べ方によって変わることを知っておくといいですよ。

牛肉やホルモンを網焼きにすると、カロリー、コレステロール共に約15%は落とせます

また、カルビ・ロースなどは、輸入肉だと約30%程度カロリーが低くなります。

牛肉の部位によって異なる効能はぜひ記憶にとどめておきたいものです。

特に女性の方は、美容や健康、婦人病、皮膚病などのことがが気になりますから、季節や体調に合った牛肉を食べることで改善や予防にも繋がります。

日頃の食事で役立つことはもとより、ダイエットや貧血など、目的に合わせてお肉を選べば効果も期待できるのではないでしょうか?

牛肉に含まれる「アラキドン酸」という物質が身体も脳も若返えらせるらせる効果があることがわかり、アンチエイジング効果にも期待が高まっています。

そんなことから今では、老人ホームなどでは牛肉を使ったメニューが頻繁に登場するようになっています。

ちょっとした牛肉の知識があなたを大きく変えてくれますよ。

当サイトでは安心・安全なな和牛をオススメしています。

トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す