安い牛肉でも美味しく食べる裏ワザ

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku-oishiitabekata60357

一口に牛肉といってもスーパーの特売で販売されているものから見事なサシが入った霜降りの高級和牛まで様々です。

高級な霜降り肉ばかり毎日食べる訳にはいきませんよね。

そこでスーパーの特売などで手に入る安い値段のお肉でも美味しく食べる裏技をご紹介します。

安いお肉と高級和牛を比べてみるとまず気になるのが硬さではないでしょうか?

そんな時に、お肉を柔らかくする効果のある果物を使ってみるといいですよ。

パイナップルやキウイ、パパイヤ、梨などの果物は、お肉の中にある酵素に働きかけて組織を柔らかくする成分が含まれています。

酢豚にパイナップルを入れるのも、こういった理由からで理にかなった調理法なのです。

ただし缶詰やジュースなどの加工品では効果があまりないので、“生”の状態で使うことで柔らかくなります。

特売で買ったステーキ用の肉をこれらの果汁に漬け込んでおくだけでも、柔らかく美味しくいただけますよ。

続く裏ワザは「香り」です。

和牛には独特の香りがあります。

高級和牛を食べると、甘くてコクのある香りが口の中に広がりますが、これは「和牛香」と呼ばれるもので、どんな牛肉にもありますが、高級なお肉ほど多く含まれています。

和牛肉を食べる時に鼻をつまんでみてください。、

口の中で香りが広がり、いかに香りが豊富に含まれているかがわかるはずです。

牛肉に含まれる香り成分のなかでも、和牛香の特徴を決定づけているのが、ラクトン類と呼ばれる成分です。

ラクトン類は、牛脂から発生した香りのもとが加熱される際に、赤身の成分と反応することで生まれるものです。

つまり、脂肪と赤身がより多く接しているほど、ラクトン類がたくさんできるのです。

赤身の中に細かく脂肪のサシが入った高級和牛の霜降り肉が美味しいのには、こんなところにも理由があったのです。

このラクトン類は、桃の香りにも多く含まれています。

この香りをたくさん出すために牛脂を使う裏ワザがあります。

お手ごろ価格の牛肉に切れ目を細かく入れ、刻んだ牛脂を切れ目に練り込んだ「人工霜降り肉」を作ることなんです。

この方法は、お肉のプロもびっくりするほど香りと美味しさがアップしますので一度試してみてください。

ステーキなどは、焼いているうちに肉汁が流れ出し、焼き上がりが硬くなりがちです。

そんな時に使えるのが、どこの家庭にでもある片栗粉を使う裏ワザです。

焼く直前に薄くまぶしておくことで肉の表面がコーティングされ、肉汁を閉じ込めたまま焼くことができます。

たったこれだけでもいつものお肉よりもジューシーに感じますよ。

牛肉の煮込み料理にはビールやコーラなどの「炭酸飲料」を使う裏ワザもあります。

シチューなどの煮込み料理には、ビールやコーラなどの炭酸飲料を入れてみるといいですよ。

炭酸にも肉を柔らかくする効果があります。

また、さっぱり仕上げたい煮物などの場合には、酢を入れるのもオススメです。

包丁の背で牛肉をたたいたり、スジに切れ目を入れておくと、煮たり、焼いたりした時、縮んで硬くならないのでこれも美味しく食べるコツです。

gyuniku-oishiitabekata37826

スーパーの特売で買ったお肉でも、ちょっとひと手間加えるだけでグッと美味しくなります。

みなさんも一度お試しになってみてください。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す