お肉を食べる時に野菜も一緒にというのにはどんな意味があるのでしょうか

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku-vegetable51037

「肉を食べるときは野菜を多く食べなさい」ということをよく聞きますが、そもそもお肉と一緒に野菜というのには どんな意味があるのかご存知でしょうか?

これは、牛肉やバターなどの動物性脂肪には、血中コレステロールを高める心配があります。

それを防ぐためには、コレステロールを下げる食品と一緒に摂ることが予防に繋がるわけなんです。

その一つが野菜なんです。

野菜に含まれている繊維、葉緑素、ビタミンCには、血中コレステロールを下げる働きがあります。

私のおばあちゃんは、お肉が大好きな人で、週に1度はステーキを食べるのですが、「野菜も一緒に食べてね」と言うと、「野菜は食べなくていいの。牛さんがたくさん食べているから」と、よく冗談を言います。

また、肉だけでは消化に悪いし、胸やけや下痢を避ける意味でも野菜と一緒に食べるといいでしょう。

gyuniku-vegetable80893ステーキと付け合せのにんじんやジャガイモ、トンカツにはキャベツといった具合に、お肉に野菜というのは当たり前のようになっています。

これは海外でも一緒で、韓国では焼肉にはゴマの葉ややサンチェ、タイ・バンコクの屋台でも焼き鳥にキャベツといった具合です。

野菜の成分や食物繊維などが、余分な脂や塩分などを体の外に排出する働きもします。

また、日本人は1日に70g以上だったと思いますが、お肉を食べ続けると大腸がんになりやすい体質だといわれています。

それを防ぐためにも、ビタミンCや繊維質が豊富な野菜を、お肉の倍以上食べなさいということなんです。

西洋人を真似してお肉ばっかり食べて、それにお酒とタバコが加わると大腸がんなりやすくなるそうです。

そんなリスクを避けるためにも、お肉を食べる時は野菜も一緒に食べることが推奨されているわけです。

好きなものばかり食べるのもいいのですが、バランスのとれた食事を摂ることも体にとって大切なことです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す