牛生肉のユッケは食べても大丈夫なの?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

yukke76347

韓国料理でよく食べられるユッケ、大好きな方も多いのではないでしょうか?

以前は焼肉屋さんに行けば手軽に食べることもできましたが、2011年4月ユッケを食べた5人の方が死亡した「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件から、早いもので3年がたちます。

事件では生肉に関する店側のずさんな衛生管理が問題になり、その後、国は牛の生レバー(肝臓)の販売、提供を禁じるなど、生食用牛肉規制を強化してきました。

一時は食べられないと思っていたユッケでしたが、2012年10月 厚生労働省が定めた生食用牛肉の新基準を満たす加工処理が可能になったことから、焼き肉チェーン大手の「安楽亭」が販売を再開しています。

ユッケ好きな人間からすると、本当にうれしい限りです。

牛肉の食文化として定着して、多くの人に愛されてきたユッケに何があったのでしょうか?

食中毒で5人の死者まで出した「焼肉酒家えびす」では、本来なら要加熱の肉をユッケ用の肉として使い、肉の表面をそぎ取り付着した菌を取り除く「トリミング」を行っていなかったりと、ずさんな調理が行われていたそうです。

これには、問題が起こるまで生肉の衛生管理に関する罰則規定などを定めていなかった国のも問題点もあります。

また、中国ならいざ知らず、日本のものは安全で、このようなことが起こるはずがないという、神話のような話をみんなが信じていたからにほかなりません。

お店に入っても、厨房の中で何が行われているのか、私たちは気にすることもなかったはずです。

しかし牛肉は、私たちの食文化には欠かすことができない大切な食材です。

牛肉を食べない訳にはいきませんよね。

この問題だけでなく、牛肉には、産地偽装や等級の偽装など、様々な問題が後を絶ちません。

通販のお店であれ、デパートや専門の販売店であれ、常にアンテナを張って注意深くチェックして信頼のできるお店を探して買うしかありません。

ただ安いからといって買うのではなく、お店の情報もちゃんと調べてから買うことが大切です。

誰かに任せるのではなく、家族の健康は私たち自信が守るという時代になって来たのではないでしょうか。

大好きなユッケも、また安心して食べられる時が来るといいですね。

今日は、ユッケが大好きな方にはたまらない、黒毛和牛として通の間では人気の高い伊賀牛を使った、貴重なユッケを販売しているお店をご紹介しておきますね。

>>国産黒毛和牛 伊賀牛ユッケ

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す