牛肉の起源

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyunikunokigen01ws78342

私たちの食生活に欠かせない牛肉はいつ頃から食べられてきたのかご存じでしょうか?

その歴史は古く、牛と人との関わりは先史時代にまでさかのぼります。

当時の人々にとって狩猟の対象だった牛の家畜化は、今から9,000年ほど前に地中海東岸地方で始まったといわれています。

3,000年前の古代エジプトでは、焼いた牛肉を王族が食べていたという記録も残っています。

古代ギリシャでは牛肉を食べることは一般的では無く、牛は農耕や運搬を行う役牛でした。

そのため牛肉は食用をしては向いてなくて非常に硬く、長時間調理しなければならなかったそうで、子牛の肉も同様で、料理の種類は非常に少なかったそうです。

それでもヨーロッパの気候は穀物の栽培に適してないこともあり、16世紀には牛肉が広く食べられるようになっていたそうです。

家畜牛の祖先であるオーロックという牛がかつていました。

gyunikunokigen02wf28794

オーロックスはウシ科ウシ属に属するウシの一種です。

家畜牛の祖先であり、子孫であるコブ無し系家畜牛やコブウシは、現在でも全世界で飼育されていますが、野生種としてのオーロックスは、1627年に世界で最後の1頭がポーランドで死んで絶滅しています。

日本では弥生時代より役牛として飼われてていましたが、肉としても食べられていたようです。

しかし675年には、律令体制を確立する上で、米に基く税収を安定的に確保するために、天武天皇は、
稲作農耕に役立つ動物である牛、馬、犬、猿、鶏の肉食を、稲作の期間である4月から9月まで禁じたそうです。

禁止令が出された後も牛肉はしばしば食べられていたようで、鎌倉時代初期に至るまで繰り返して禁止令が出され、やがて肉食は農耕に害をもたらす行為とみなされ、肉食そのものが穢れであるとの考え方が広がり、牛肉食はすたれていきました。

江戸時代に入ると生類憐みの令によって、さらに肉を食べることが禁止されていましたが、両国広小路あたりにあった「ももんじ屋」と呼ばれる獣肉店ではウシも販売されていたそうで、足しげく通う客も多かったそうです。

また、彦根藩は「滋養強壮の薬」として、味噌漬けにした牛肉を幕府に献上するなど、まったく食べられなかったというわけではありませんが、牛肉が公然と食べられようになるのは明治時代になってからです。

福沢諭吉が牛肉食をすすめたことで、庶民の間に広がっていたそうです。

中世ヨーロッパでは牛肉はあまり美味しいお肉ではなかったようですが、19世紀後半から品種改良が重ねられ、現在の美味しい牛肉が誕生したわけです。

美味しい和牛がいつでも食べられる私たち日本人は、幸せな国民といっていいのではないでしょうか。

>>トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す