「世界で最も高級な9種類の食べ物」にも選ばれた和牛

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyunikunozatsugaku1022

2009年、米メディアが発表した「世界で最も高価な9種類の食べ物」の第6位に「神戸ビーフ」がランクインしています。

中でも目を引いたのは、米華字紙・僑報電子版によると、米メディアが発表した「世界で最も高価な9種類の食べ物」として、中国南部に生息する「金色のタイガーフィッシュ」も紹介されています。

gyunikunozatsugaku1023

僑報電子版によると以下のように紹介されています。

1位:金箔
―1ポンド=1万5000ドル(約136万円)以上。料理に少し金箔を添えるだけでたちまち華やかさと高級感があふれる仕上がりとなる。

2位:白トリュフ
―1ポンド=6000ドル(約54万円)は下らない。
昨年12月のオークションではイタリア・トスカーナで発見された1.5キロのものが33万ドル(約2990万円)で取り引きされた。

3位:キャビア
―1ポンド=1550ドル(約14万円)以上。チョウザメの卵。

4位:サフラン
―1ポンド=1500ドル(約13万6000円)以上。最高級の香料。主な生産国はスペイン、イラン、ギリシャ、インド。

5位:金色のタイガーフィッシュ
―1ポンド=714ドル(約6万5000円)。主に中国南部の海岸に生息している。

6位:神戸ビーフ
―1ポンド=150ドル(約1万3000円)。農家が愛情をこめて牛に毎日ビールを与えマッサージを施す。日本三大和牛の1つ。

7位:コピ・ルアク
―1ポンド=110ドル(約9900円)。ジャコウネコの排せつ物から採れる未消化のコーヒー豆。

8位:バニラ
―バニラ・ビーンズは1ポンド=50ドル(約4500円)、バニラ・エキストラクトは1ガロン=260ドル(約2万4000円)は下らない。サフランに次ぐ高級香料。

9位:フォアグラ
―1ポンド=50ドル(約4500円)。キャビア、トリュフと合わせ、世界三大珍味と称されている。
(翻訳・編集/NN)

これが米メディアが伝えた「世界で最も高級な9種類の食べ物」です。

神戸牛を松坂牛と勘違いしているのでしょうか?

いずれにしても和牛は、世界でも注目される高級食材の一つに間違いなさそうです。

私はなかなか興味深く読みましたが、みなさんはいかがでしたか?

トップページに戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す