牛肉による食中毒を防ぐ方法

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyunuku-foodpoisoning 1126

寒い季節でも牛肉などを食べる時には食中毒にも注意が必要です。

梅雨の時期から夏にかけて多く発生すると思われがちな食中毒ですが、実は冬の時期に多く発生しています。

暖かく湿気が多い時期は、食中毒の原因となる細菌の増殖が活発になるため、食中毒が発生しやすくなることはご存知でしょうが、1年を通して発生しているのが食中毒なんです。

食中毒を引き起こす要因には主に3つあります。

毎年冬になると感染が拡大し、集団感染が問題になるのが腸管出血性大腸菌 O157・O111やノロウイルス

細菌性食中毒で、ノロウイルスの次に多いのがカンピロバクター

そして、魚介類に寄生して食中毒を引き起こす寄生虫・アニサキス

いずれも感染すると、おう吐や下痢などつらい症状が現れ、最悪の場合死に至るケースもあります。

gyunuku-foodpoisoning 1127カンピロバクターや腸管出血性大腸菌などの細菌は、家畜の腸にいる細菌なので、肉に付着する菌をゼロにすることは非常に困難です。

ただ、これらの細菌は熱に弱いため、十分加熱して食べれば、食中毒にはなりません。

カンピロバクターや腸管出血性大腸菌による食中毒を防ぐためには、生肉や加熱が不十分な肉の料理は食べないことが重要です。

また、肉や脂をつなぎ合わせた結着肉や挽肉、筋切りした肉、タレ等に漬け込んだ肉、牛や鶏のレバーなどの内臓などは、内部まで十分に加熱してから食べましょう。

目安は、肉の内部の温度が75度で1分間加熱することです。

例えば、ハンバーグなら、竹串を刺してみて肉汁が透明になり、中の赤身がなくなった状態になれば、これで加熱は十分です。

食中毒予防で大切なことは「つけない」「増やさない」「やっつける」この3つです。

食中毒を防ぐ方法

1.食材を買うとき

・消費期限を確認する。
・肉や魚などの生鮮食品や冷凍食品は最後に買う。
gyunuku-foodpoisoning 1128・肉や魚などは汁が他の食品に付かないようにそれぞれ分けてビニール袋に入れる。

2.冷蔵庫での保存・帰ったら生鮮食品はすぐに冷蔵庫へ保管する。

・肉や魚は汁が漏れないように包んで保存する。
・冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に保つ。

3.下準備

・調理の前に石けんで丁寧に手を洗う。
・生肉や魚、卵を触ったら手を洗う。
gyunuku-foodpoisoning 1129・生肉や魚を切ったまな板や包丁は必ず洗って熱湯消毒する。
・ふきんやタオルは清潔なものに交換。台所は清潔に保つ。

4.調理

肉や魚は十分に加熱。中心部分の温度が75℃で1分間が目安。

5.食事

・食べる前に石けんで手を洗う。
・清潔な食器を使う。
・作った料理は、長時間、室温で放置しない。
・温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食べる。

6.残った食品

・作業前に石けんで丁寧に手を洗う。
・清潔な容器に保存。
・保存して時間が経ちすぎたものは思い切って捨てる。
・温め直すときは十分に加熱。

こまめに手を洗い、まな板や包丁は使ったら洗い流したり消毒することで食中毒はほぼ防ぐことができます。
(一部記事は政府広報オンラインより引用)

そして何よりも大切なことは、牛肉はすき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉、鉄板焼きなど、加熱することで食中毒の問題はほとんどありません。

ただし生レバーやユッケは、今のところは避ける方がいいでしょう。

これだけ知っておけば、大好きな牛肉が安心して食べられますよ。

トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す