牛肉でアレルギーになるの?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuuniku-allergy11596

食肉アレルギー、すなわち牛肉や豚肉などを食べて、蕁麻疹などのアレルギー症状の出る方は、食物アレルギー全体の中では、稀なケースと考えられています。

牛肉でアレルギーになることはほとんどないといっていいでしょう。

多くの場合は食肉のみのアレルギーではなく、一緒に食べた食品に含まれていたアレルギー成分が原因の場合がほとんどです。

通常の食物アレルギーというのは、食物の中に含まれている、人間の身体には存在しないタイプの蛋白質に対して、それを抗原とするIgE抗体というタイプの特異的な抗体ができて、抗原と抗体との反応が、アレルギー症状に結び付くものと考えられています。

基本的には即時型のアレルギー、すなわち食べれば1時間以内に症状が出現するわけです。

その理屈で言うと、食肉の成分の蛋白質に対して、IgE抗体が産生される、という可能性は低く、それが食肉アレルギーが少ない理由と考えられています。

牛肉を食べて1時間以内に症状が出るという症例の報告はほとんどないことから、牛肉でアレルギーになるということは希です。

食物アレルギーは乳幼児期にその多くが発症し、即時型アレルギーの形態を取りますが、食肉のアレルギーは稀に見られれる程度でほとんどありません。

小さいお子さんの場合、食べ物を消化する力が弱いため、食べ物の成分が分解されないまま体の中に吸収されてしまい、食物アレルギーがおこり易くなっていると言われています。

1歳を過ぎて大人と同じようなものを食べられるようになり、腸が成熟してくると、この反応は少なくなります。

赤ちゃんの時に食物アレルギーがあったお子さんが、1歳を過ぎたころから少しずつその食物が食べられるようになってくるのはこのためです。

食物アレルギーを持っているからといって、一生症状が続くとは限りません。

gyuuniku-allergy42683たまごや牛乳でのアレルギーが心配のあまり、親子の関係にある鶏肉や牛肉を完全に除去しようとする方もいらっしゃいます。

しかし、牛肉でアレルギーになることはほとんどないので、様子を見ながら少しづつ慣れさせていくことが大切です。

少し高くはつきますが、お子さんのためにも抗菌剤や抗生物質を使っていないお肉を選ぶといいでしょう。

国産牛と表示されていても飼育時に抗菌剤や抗生物質などの餌が使われている可能性があり、たんぱく源よりもそれらに反応をしてしまい症状が出る場合もあります。

スーパーによっては、与えるエサや飼育環境、抗生物質など薬剤投与の有無など、生産履歴を公開しているところもあります。

安心・安全なお肉を買うためには、こうしたことをチェックすることも大切です。

そして、アレルギーのほとんどは生で食べることで起こる場合が多いので、注意が必要です。

牛肉は生で食べることはほとんどないので、過熱することで抗原性を下げることもできます。

牛肉でアレルギーになることはほとんどありませんが、お子さんのためにも安心・安全な、生産履歴など情報をを公開している信頼のおけるお店で購入することをオススメします。

 >>トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す