ハンバーグの起源

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

00II0491420

日本でもハンバーグは、子供から大人まで食べられるとてもポピュラーな料理です。

ハンバーグの起源は、ドイツのハンブルクで労働者向けの食事として流行した『タルタルステーキ』だとされています。

タルタルステーキは、13世紀頃にヨーロッパに攻め込んだモンゴル帝国のタタール人の生肉料理を原型としています。

タタール人は硬い馬肉を細かく刻むことで、食べやすいものに加工していたそうです。

その後、18世紀から20世紀前半にかけて移住したドイツ系移民によってアメリカにもたらされ、「ハンブルク風ステーキ(ハンバーグステーキ)」と呼ばれるようになりました。

ハンブルグとアメリカ間の航路で、硬い細切り肉を食べさせられたドイツ移民が、ドイッチェス・ビーフシュテーキを懐かしんでハンブルグステーキと呼んだことからだといわれています。

イギリスでは、ドイッチェス・ビーフシュテーキが渡った頃、ソールズベリーという名の医師が、食物を細かく切って食べることが体にいいと提唱していたこともあり、ハンバーグがこれにマッチした料理として、イギリスでは医師の名前をとりソールズベリーステーキと呼ばれるようになったそうです。

何と驚くことに、日本では5,500年以上も昔の縄文時代に、ハンバーグの原型ともいえるものが山形県・押出遺跡から出土しています。

gyunikuzatugaku-hamburg02

動物の肉や木の実を使っ たクッキー状の炭化物で、それを分析した結果シカやイノシシの肉、卵などが入っており、それを発酵させたものだったそうです。

発掘されたクッキー状の炭化物は、彩漆土器とともに国の重要文化財に指定されています。

また、明治時代の日本では、洋食店に「ジャーマンステーキ」というメニューがあったそうですが、同じ料理なのかどうかは定かではありません。

>>通販限定! 行列ができる焼肉店のハンバーグ

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す