極上の飛騨牛ももブロックでローストビーフを作りましょう

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

hidaushi-momoblock1222

極上の飛騨牛ももブロックでローストビーフを作ってみませんか?

実はローストビーフは意外と簡単にできちゃうんです。

お肉の塊を買ってきて焼くだけ!

幾つかのポイントさえ押さえれば、比較的失敗することなく作ることができます。

ローストビーフは簡単に作れるにもかかわらず見た目が贅沢で、クリスマスやお正月などに
気分を高めてくれるひと皿になります。

あなたのレパートリーに是非加えて欲しい一品です。

お肉が良ければ霜降りでなくても赤身で十分に美味しいローストビーフになります。

この飛騨牛ももブロック肉はローストビーフに最適なお肉といっていいでしょう。

ローストビーフの作り方のコツは3つ。

  肉を常温に戻してから焼く!

冷蔵庫で保存しておいたブロック肉は、お肉の内部が非常に冷たくなっているのでなかなか火が通りません。

できれば調理する前日には冷蔵庫から出して、常温にしてから焼くようにしてください。

  周辺部はよく焼く!

ローストビーフは、しっかり焼いて香ばしく旨味が多くて歯ごたえのある周辺部と、しっかりと柔らかくロゼに火の通った中心部を一体にさせて、両方の味を楽しむ料理です。

まずは高温で周辺部をじっくりと焼くことが大切です。

  焼きあがった肉はしばらく寝かせる!

肉は焼きあがってすぐに切ると肉の内部に溜まった美味しい肉汁が溢れ出てしまいます。

最低30分、お肉を寝かせると肉汁の流出を減らすことができます。

また、余熱で内部にじっくり火を通す効果で、さらに美味しくなりますよ。

この3つを守れば美味しいローストビーフが意外と簡単にできてしまいます。

「神戸牛ローストビーフをご家庭で簡単に作る方法」でも紹介してますので参考にしてください。

もし焼きすぎてしまっても、中がレアすぎたとしても、それなりに美味しいのがローストビーフなんです。

あなたも失敗を恐れずに挑戦してみてください。

>>ローストビーフに最適! 極上飛騨牛ももブロック 1Kg

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す