飛騨牛肩ロースで作る美味しい冷しゃぶの作り方

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

hidaushi-shabushabu 0604

極薄にスライスしたロース肉を、煮立ったお湯にサッとくぐらせ霜降りし、氷水で〆め、余分な脂と雑味を取り去り、たっぷりの野菜と一緒にいただくヘルシーメニューです。

芸術品といわれる飛騨牛ロース肉を、ほんのりロゼに色づく程度に茹でて冷やし、シャキシャキした歯ごたえの野菜と組み合わせたサラダ仕立てにします。

和風ダレでいただくさっぱりとした味わいですが、栄養価が高いので食欲が減退する夏にピッタリな食べ方です。

飛騨牛肩ロースで作る美味しい冷しゃぶの作り方

<材料>4人分

・飛騨牛肩ローススライス:500g

・みょうが:3個

・貝割れ大根:1パック

・玉ねぎ:1/2個

・レタス:1/2個

・ポン酢:適量

・いりごま:適量

作り方

1) みょうが、レタスは千切り、玉ねぎは薄切り、貝割れ大根は根を切り落として3等分程度に切り、すべて水にさらしておきます。

2) 牛肉は75℃~80℃の湯で、薄いピンク色になる程度にさっと茹でて、氷水に入れます。

3) 器に水気を切った野菜を広げ、その上にペーパータオルで水気を切った牛肉を盛り付けます。

4) お肉上からポン酢をまわしかけして、いりごまをたっぷりとふりかけたら完成です。

ポイント

ここでのポイントは、牛肉を茹でる温度に注意は必要です。

煮立たせたお湯で茹でると、牛肉の脂が抜けて硬くなってしまいます。

75~80℃で、牛肉の色がロゼ色になるように、さっと茹でるのがコツです。

飛騨牛肩ロースの冷しゃぶは、簡単に作れるので、夏の暑い時期に食欲がなくなったりした時、スタミナ補給にもなりますのでお試しになってみてください。

>>飛騨牛 肩ロース 選べるスライス 500g

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す