インドのマクドナルドは牛肉ではなくて鶏肉100%

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

india-mac27692

世界中どこに行ってもマクドナルドの牛肉100%のハンバーガーが食べられますが、インドでは牛肉ではなく鶏肉が使われています。

インド人の80%を占めるヒンドゥー教徒にとって牛はシヴァ神の御遣いとされていて、牛を殺すことはバラモン僧を殺すことと同等の罪とされていて、その肉を口にすることは一切ありません。

従ってマクドナルドに行っても、ビッグマックやダブルチーズバーガーはありません。

私は海外に出かける時は個人旅行が多いので、朝早くから移動する時などにはマックをよく利用しています。

昨年、ニューデリーに行った時も帰りが遅くなってしまいマックに駆け込んだわけです。

ビッグマックの代わりなんでしょうか、マハラジャマックというインドらしいネーミングのものがありましたので注文してみました。

india-mac48164

マハラジャマックは、インドだけの限定メニューだそうです。

お肉は鶏肉で、カレーマヨネーズ風味のソースとマッチしていて結構美味しくいただきました。

ポテトはインドらしくマサラ味でした。

ハンバーガーとポテト、それにドリンクのセットで150ルピー、日本円にすると250円くらいだったと思います。

私たちにとっては安い価格ですが、インドの方にとっては結構高額なようで、若い人たちにとってマックに行くことがちょっとしたステイタスになっているようです。

他のメニューは、インドでは定番のチキンバーや野菜コロッケバーガー、フィレオフィッシュもありましたね。

インドではヒンドゥー教徒は牛を食べませんが、牛を食べるイスラム教徒が1億5千万人もいるの御存知ですか?

インド国内の牛肉消費量は約400万トンといわれ、アメリカ、中国、ブラジルに次いで世界4位の牛肉消費国であるのには驚いてしまいます。

さすが、世界第2位の人口を有する国だけあってスケールがちがいますね。

インドに行く機会があったら是非、マハラジャマックを食べてみてください。

いつも食べている牛肉100%のマックとは違ったハンバーガーの味が楽しめますよ。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す