ヘルシーな牛肉なら「神内和牛あか」がオススメ!

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

jinnaiwagyu-aka150123

最近ヘルシーな牛肉として注目が集まり、人気が急上昇しているのが「神内和牛あか」です。

私のサイトでも松坂牛や米沢牛、飛騨牛と並んで人気が高いのが「神内和牛あか」です。

自然な形で健康な牛を育てているいるのが、北海道の中西部に位置する神内ファーム21です。

現在日本国内で飼育されている「あか毛和牛」の数は24,500頭余りだといわれています。

黒毛和牛の約180万頭に比べると、全体の1.36%にしかすぎず、普及は極めて低いといわざるを得ません。

黒毛和牛が和牛市場の主流ですが、「あか毛和牛」の生産者が黒毛和牛の生産者に転換する農家もあるほどで全体の飼育頭数が減少してきています。

その理由は牛の等級制度が関係しているようです。

あか毛和牛の最大の特徴は、脂が少ないヘルシーな肉質にあります。

つまり高級和牛の代名詞でもある「サシ」が入っていないことになります。

しかし、牛肉の等級制度ではサシに入りも基準の一つになっているため、サシが少ないあか毛和牛は、どうしても等級が少し下がってしまう傾向にあります。

そのため生産者がどうしても評価が高くなりやすい黒毛和牛の生産に転じる農家が増えているのが現状です。

したがって生産量が極めて少ない貴重な赤毛和牛の一つが「神内和牛あか」です。

神内ファーム21では、安心・安全にこだわった究極の和牛作りを目指しています。

サシになる脂身ではなく、赤身のもつ旨味にこだわっているわけです。

注文すればわかりますが、ビックリするくらいに綺麗な赤身肉です。

jinnaiwagyu-aka0123

牛肉のサシを入れるためには飼料やビタミンコントロールが必要で、成長の過程でどうしても人手がかかってしまいます。

その反面サシを求めないあか毛和牛は、放牧してのびのびと育てられるので、安心・安全でお肉本来の美味しさが味わえる赤身に育つわけなんです。

広大な放牧地でストレスを溜めることなく、のびのびと運動ができるので上質な赤身に育ちます。

神内和牛あかは、あか毛和牛の三ツ星といっていい、本当に美味しい和牛です。

和牛本来の赤身の美味しさが味わえる神内和牛あかを是非お試しになってください。

私も時々食べてますが、一度食べるときっとファンになってしまいますよ。

>>神内ファーム21 オンラインショップ

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す