「神内和牛あか」で作る陶板焼き

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyuniku toubanyaki 150908

陶板を使ってお肉を焼きながらいただくのが陶板焼きです。

陶板は過熱をやめても長時間熱を出し続け、熱の発散も大きいので食材を均一に焼くことが
できます。

今回はヘルシーな牛肉として話題になっている「神内和牛あか」の焼肉用カルビ、つまりバラ肉で作ってみました。

カルビは旨みが強いのが特徴なので、しっかりとした歯ごたえで、噛むほどに広がる甘みとコクが堪能できますよ。

「神内和牛あか」で作る陶板焼き

<材料>2人分

神内和牛あか カルビ:200g

かぼちゃ:1/16個

玉ねぎ:1/8個

しいたけ:1枚

まいたけ:1/3パック

ジャガイモ:1/2個

<煎り酒>

昆布:5cm角1枚

酒:600cc

梅干:5~6個

大根おろし:320g

作り方

1) かぼちゃはクシ形切りにしておき、ジャガイモは皮をむいて輪切りにして電子レンジに600Wで30秒かけます。

2) しいたけは石づきを取って飾り包丁を入れます。まいたけは食べやすくほぐしておきます。

3) 玉ねぎは1cmくらいの厚さの半月切りにします。

4) 牛肉は1cmの厚さのへぎ切りにします。

5) 煎り酒は、鍋に昆布、酒、梅干を入れて火にかけ、酒が3分の1量になるまで煮て、大根おろしを入れます。
好みで塩を入れたり、冷めてからかんきつ類を搾って味を整えます。

6) 陶板に油をひいて、牛肉と野菜を焼き、煎り酒をつけていただきます。

ポイント

irizake 02

ここでのポイントは煎り酒。

梅干から塩味、酸味が出た煎り酒は、ポン酢とは一味違った美味しさでいただけます。

梅のほのかな色と香り、あっさりした味わいが楽しめます。

>>神内和牛あか 焼肉用カルビ

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す