海上自衛隊は金曜日にカレーを食べている

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

kaigun-curry01

海上自衛隊ではほぼ全ての部署で金曜日にカレーを食べるのが習慣となっているそうです。

海上自衛隊のいわゆる海軍カレーは、横須賀を発祥とする旧帝国海軍横須賀鎮守府が明治41年に、イギリス海軍から取り入れたのが始まりです。

航海中は、海上生活をしていると曜日の感覚が分からなくなってしまうため、航海中の毎週金曜日はカレーの日と決まっていたわけです。

食事にカレーが出ると『今日は金曜日なのだな』と分かるわけです。

それを今に踏襲しているのが海上自衛隊のカレーです。

平成4年以前は土曜日が半ドンだったので昼に食べられていましたが、現在の海上自衛隊は週休二日制なので、金曜日の昼がカレーに変更されました

旧帝国海軍は、当時インドを支配していた大英帝国の海軍を模範として軍隊食を取り入れました。

英国海軍は、シチューに使う牛乳が日持ちしないので、変わりにカレーパウダーを入れたビーフシチューとパンを主食にしていました。

当時の日本人にはビーフシチューやパンに馴染めなかったので、英国海軍が食べていたカレー味のシチューに小麦粉でとろみをつけたものをご飯にかけた海軍カレーが誕生しましたわけです。

日露戦争の頃、農家出身の兵士らに白米を食べさせることになり、調理が簡単で肉と野菜のバランスが取れている食事として、カレーライスを採用します。

海軍割烹術参考書にも掲載され、その普及につとめました。

戦後、復員した兵士たちがこれを広め、全国にカレーライスが広まっていたわけです。

このことから、日本のカレーはインドのものとは違う、海軍カレーであるということが言えるでしょう。

海上自衛隊で食べられているカレーは、現在まとめて海上自衛隊カレーと呼ばれています。

海軍割烹術参考書にオリジナルレシピはあるものの、各艦艇や部署ごとに、独自の秘伝レシピが代々伝えられていて、艦艇・部署ごとに作られるカレーは違い、同じ味やレシピは存在しません。

『しらせシーフードカレー』などと呼ばれています。

kaigun-curry02
護衛艦ひゅうが ビーフカレー

現在では、海上自衛隊公式ホームページにおいて、『海上自衛隊レシピページ』が設けられ、カレーライスをはじめ、海上自衛隊の自慢料理の作り方が公開されています。

また、平成13年には、横須賀市で「当時の味を再現しよう」をテーマに、『よこすか海軍カレー』が誕生しています。

海上自衛隊ファミリーページ 

>>松坂牛専門店「やまと」 おうちでカレーセット

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す