加工肉に発がん性があるとWHO

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

kakouniku risk 151028

世界保健機関(WHO)の外部組織、国際がん研究機関(IARU)が10月26日、ハムやソーセージなど加工肉について新たに「発がん性がある」と認定したと発表して世界中を驚かせました。

牛や豚など哺乳動物の赤身の肉についても「恐らく発がん性がある」としています。

IARCは、各国政府がリスクと栄養バランスを考えた肉の摂取指針を示すべきだとしています。

5段階の発がん性評価で、加工肉はリスクが一番大きい「グループ1」、赤身の肉は2番目の
「グループ2A」に分類されたそうです。

加工肉に関しては、毎日食べる量が50g増すごとに大腸がんになる確率が18%上昇するといいます。

50gといえばウインナーなら3個程度、ベーコンなら3枚ほどです。

赤身の肉は大腸がんのほか、膵臓や前立腺のがんを引き起こす危険が認められたといいます。

専門家グループが800以上の研究報告を分析して結論づけたといいますが、データーなどは
公表されていません。

加工肉に発がん性がある理由は、肉の加工に使われる化学物質だといいます。

また、バーベキューなど高温度による調理も、発がん性物質を作り出すことがあるといいます。

ハムやソーセージが良く食べられるドイツではこの報告を聞いても「関係ないね」という人も多く、アメリカでは「健康に良くないのなら量をへらそうかな」という人など、国によって反応も
さまざまなようです。

イギリスでは100人に約6人が一度は大腸がんにかかるといいます。

全員が終生、1日50グラム分のベーコンを追加摂取し続けた場合、大腸がんにかかる確率は18%上昇、つまり発症リスクが100人中7人に上がるといいます。

リスク研究を専門とする英ケンブリッジ大学のサー・デイビッド・スピールゲルハルター氏は、
「つまり一生ずっとベーコンを食べ続ける100人の中で、大腸がんにかかる人が1人増えるわけだ」と説明しています。

今回のWHOの報告は、現代社会の食生活を根底から覆しかねない衝撃的な報告ですが、あいまいな点も多く、北米食肉協会(NAMI)は、「最初から特定の結論を導き出すため、データを歪曲した。肉を含むバランスのとれた食事の利点をまったく無視している」との声明を発表しています。

発がん性があるのかないのかは別にして、過剰摂取は良くないことはわかっています。

あまり神経質にならないで、バランスの摂れた食事を心がけることが大切なのではないでしょうか。

コメントを残す