アメリカ育ちの牛でも国産牛と表示されるのは何故?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

kokusangyu81325

アメリカで育った牛が日本に輸入されればアメリカ産ということになりますが、牛に関しては様々な基準が設けられていて、一概にそうとは言えません。

育ち方によって呼ばれ方が違ってくるのです。

日本で育った期間が一番長かったいうことで国産牛になるわけです。

つまり、アメリカで生まれて10ヶ月育てられて、その後日本に輸入されて1年間育てられたとしたら国産牛ということにです。

現在進行中のTPP交渉が妥結すれば、牛や牛肉に関してももっと自由化が進み、このようなケースも増えることでしょう。

日本が誇る和牛ブランドにも影響が考えられます。

希少価値が高く、世界でも認められている和牛ですが、そのまま安泰というわけにはいかないでしょう。

すでにオーストラリア産の和牛が、ヨーロッパや東南アジアで高く評価され、新たなブランドになりつつあります。

日本の和牛と同じDNAを持つオーストラリア産和牛の価格は、日本のブランド和牛に比べると半分程度です。

同じものであれば消費者がどちらを選ぶかといえば安い方ですよね。

日本のブランド和牛にとっても、オーストラリア産和牛は脅威になりつつあります。

すでに、オーストラリア産和牛が日本に輸入されて、日本で肥育する計画が進んでいると聞きます。

オーストラリア産和牛が日本で肥育されて、新たなブランド和牛として登場する日がくるかもしれませんね。

アメリカ育ちの牛が国産牛になる理由がわかっていただけたでしょうか?

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す