「松阪牛」の正式名称は「まつさかうし」

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

matsusakaushi-name1010

松阪牛の正式名称は「まつざかぎゅう」ではなく「まつさかうし」なんです。

松阪牛の生産地域では、もともと『まつさかうし』という呼び方をしていましたが、松阪牛協議会による登録商標では、松阪肉は『まつさかにく』、松阪牛は『まつさかうし』で登録されています。

ということで、正式名称は「まつさかうし」なんです。

松阪牛は、但馬牛の他、全国各地から黒毛和種の子牛を買い入れ、三重県松阪市及びその近郊で肥育された牛のことを指します。

神戸牛、近江牛と並び、最高級といわれる日本三大和牛に数えられますが、2002年8月19日以前は「松阪牛」全てが高級銘柄牛肉とされ、そのため「松阪牛」という名前自体が高級牛肉の意味を持つこともあったのですが、それ以後は区域内の生産であれば格付けが低いものまで「松阪牛」との呼称が許されるようになり、全ての松阪牛が最高級とは限らなくなっています。

松阪牛の中でも、兵庫県産の子牛を松阪牛生産地域で900日以上の長期にわたって肥育した牛については「特産」と呼び、長期肥育でしか味わうことのできない松阪牛独特の甘味のある肉質が保証されてています。

肥育農家の中には、牛の食欲増進のためにビールを飲ませたり、体の血行を良くし皮下脂肪を均一にするためにマッサージすることもあるそうで、これほど大切に育てられているのが特産松坂牛なんです。

特産松阪牛と呼ばれるものが、私たちが松阪牛だと思っている牛になります

牛にはそれぞれには名前がつけられ、親子4代に渡る血統や生産地や繁殖地、生年月日等の生い立ちが明記された子牛登記証明書があります。

これは社団法人全国和牛登録協会等が発行・管理するもので、いわゆる牛の「戸籍」です。

子牛登記証明書には、個体判別ができるよう「鼻紋」が貼付されています。

matsusakaushi-name1011

上の写真は2002年の松阪肉牛共進会で5,000万円の値が付いた「よしとよ号」の鼻紋です。

鼻紋とは牛の鼻にあるシワのことで、1頭1頭それぞれ違い、人間の指紋のようなものです。

これが安全・安心と信頼の証となっています。

松阪牛の出荷に際しては、松阪牛個体識別管理システム稼働時から個体識別番号や個体証明書などに基づく確認がされています。

そして、流通販売時には松阪牛個体識別管理システムにより 「松阪牛証明書」「松阪牛シール」が発行され、消費者のみなさんはその情報をインターネットや携帯電話で確認することができます。

最高級の松坂牛など、和牛が高いのは、これだけの手間と時間がかかっているということなんですね。

今年も松阪牛にはお世話になります。

通販で「まつさかうし」を購入する際には、信頼のおけるお店で購入することをオススメします。

トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す