松阪牛ブランドの始まりは明治時代

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

matsuzakaushi-brand1219

松阪牛の始まりは明治時代初期で、発祥の地は三重県松阪市飯南町深野です。

深野だんだん田の中に背の高い石碑と説明看板が立っていて、地元の人々の松阪牛に対する深い思いが感じられます。

松阪地方は伊勢平野の中央に位置する農耕の盛んな地域で、江戸時代には牛は農機具を引く役牛として農家の人々に家族同様に大切に飼われていました。

中でも但馬地方で生まれた雌牛はおとなしくてよく働くことで人気だったそうです。

明治時代になって、来日する外国人が多くなってくると牛肉の需要が始まり、国民にも食べられるようになると、農耕に使われていた牛の一部が肉牛として消費されるようになりました。

このとき、役牛として3~4年働いた牛を引退させ、1年ほど肥育し、肉牛として供給したのが松阪牛の始まりです。

長期間に渡り大切に育てられた松阪牛は、他の牛には真似のできない独特の旨味を持っているとたちまち評判となりました。

東京で「牛鍋」が大流行していたこの時期、松阪牛が全国で知られるきっかけを作った2人の人物が登場します。

明治11年、元祖松坂肉として有名な「和田金」を創業した松田金兵衛と、松阪牛の需要が増えると予測して東京に運んだ山路徳三郎です。

山路徳三郎は明治の初期には、東京での販路を拡大しようと松阪近隣から集めた牛を徒歩で東京に運ぶことを計画しました。

売り物の牛が痩せないよう、大切に運べるよう、年月をかけて環境整備などを整え、長い行列の旅が始まったそうです。

この珍しい光景は「牛追い道中」と呼ばれ、松阪地方の肉牛が全国に広まることになりました。

matsuzakaushi-brand1220

「牛追い道中」は、汽車も自動車もない明治5にら始まり、明治10年以降にはほとんど隔月に行われ、二十数年にも及びました。

明治時代には松阪牛は今でいう高級ブランドとして認知されており、皇族方や政財界の名士にも知れ渡った存在で、高値で取引されていました。

鉄道の発達により、明治30年代には終止符を打たれましたが、その後も鹿鳴館や高級料理店などからの依頼を受け、貨車で送り続けていたそうです。

松阪牛は、明治の時代も今の時代も日本を代表する和牛の高級ブランドです。

>>トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す