松阪牛の始まりは?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

matsuzakaushi-naming1212

松阪牛の始まりは明治11年、『和田金』の初代店主の松田金兵衛が東京より松阪に帰郷し、鍛治町(現:本町)に牛肉店を開業したのが始まりです。

『和田金』が「松阪肉元祖」と謳い始めたのは大正の末期のことです。

このころには、皇族方や政財界の名士など、上流社会では松坂牛の呼称はすでに定着していたようです。

そもそも松阪牛の元となったのは兵庫県の但馬牛の雌です。

雌の但馬牛は、体は大きくなかったけれど、よく働くおとなしい牛だったので、江戸時代には和歌山を通って松阪地方に来ており、農家で田を耕したり、荷物を運んだりする役牛として使われていたそうです。

江戸時代まで、仏教の「生き物の命は取ってはいけない」という教えから、牛だけでなく動物の肉は、
ほとんど食べられていませんでした。

明治になり西洋文化が入って来て牛肉が食べられるようになったのもちょうどこの頃、文明開化の時代です。

1870年代~1900年頃まで、2ヶ月に1回、松阪から東京まで100頭以上の牛を連れて売りに行ったそうで、高値で売買されたというエピソードが残っています。

そして、明治から大正、昭和にかけて日本のあちこちで品評会が開かれるようになり、松阪の牛が次々に入賞するようになり、特に1935年(昭和10年)に東京で開かれた大きな博覧会( 全国肉用畜産博覧会)で優勝し、これが「松阪牛」の名前を全国に広めるきっかけになったといわれています。

1954年(昭和29年)、松阪駅の前で撮影された1枚の写真があります。

matsuzakaushi-naming1213

当時、駅から出荷するときには松阪牛とわかるように写真をとるのが習慣になっていたそうです。

そして松阪牛はビールを飲ませて育てられるという話を聞いたことありますよね。

これは、肥育末期に摂食量が落ちる「食い止まり」という現象への対処のためで、食欲を増進して、より肉付きを良くするのが目的だそうです。

余談ですが、三重県は全国一下戸の人間が多く、統計によると約53%の三重県人は下戸だと言います。

さらに三重県は喫煙者数も日本一少ないそうです。

そのため「牛にだけでも晩酌気分を味わわせてやろう」と下戸で煙草も吸わない飼い主が、牛にビールを飲ませたのが事の発端だという話が残っています。

松阪牛は有名な牛であるため、産地偽装が起きやすいブランド牛でもあります。

そのため厳格な定義付けを行い、松阪牛個体識別管理システムを運用して、出荷した牛肉に専用のシール及び証明書を付け、個体識別番号により産地・肥育農家・移動履歴その他の情報が検索できるなど、様々な対策を行っています。

販売店には鈴の形をした看板が会員証として配布され、各々に会員番号が付加されています。

matsuzakaushi-naming1215

 

また、販売時には、生産地を示す認証表示が販売店に於いて行われています。

松阪牛は、神戸ビーフ、近江牛とともに日本三大和牛と呼ばれる有数のブランド牛です。

歴史やブランドを守るための努力の一端がわかっていただけたのではないでしょうか。

松阪牛を購入する際には、ただ安いからといって飛びつくのではなく、信頼のおける松阪牛専門店で購入するといいですよ。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す