夏バテ防止に最適!松阪牛のリブロースで作る柳川鍋

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

wagyu-yanagawanabe 0701

どじょうとささがきごぼうを煮て卵でとじた日本の伝統的な料理が「柳川鍋」です。

メイン食材のどじょうを牛肉で応用したのがこの料理です。

ごぼうと牛肉はとても相性にいい組み合わせで、夏バテの回復や予防にもってこいの料理です。

今回は肉の風味ではトップクラスの松阪牛リブロースを使った贅沢な「柳川鍋」です。

ひと口噛むと溢れる肉汁と柔らかすぎるほどの食感と、シャキシャキしたごぼうの食感を
同時に楽しむことができます。

暑い時には汗をかきながら熱い料理を食べるのが日本の風習です。

夏バテ予防に牛肉で作る「柳川鍋」を作ってみてください。

松阪牛のリブロースで作る柳川鍋

<材料>4人分

・松阪牛リブローススライス:400g

・ごぼう:2本

・卵:8個

・みつば:少々

・だし汁:480cc

・薄口しょう油:60cc

・みりん:60cc

・砂糖:少々

・粉山椒:適量

作り方

1) ごぼうはささがきにして、水にさらしてアク抜きをします。

2) みつばは2~3cmの長さに切ります。

3) 鍋にだし汁、しょう油、みりん、砂糖を入れて火にかけ、煮立ったらごぼうを入れます。

4) ごぼうが柔らかくなりすぎない程度に煮たら火を弱め、ごぼうの上にかぶせるようにして肉を入れます。

5) 肉が薄いピンク色になったら、ざっくりと溶いたタマゴをまわし入れ、火を止めてみつばを入れ、粉山椒をふります。

ポイント

ごぼうのささがきは、表面にたてに切り込みを入れておいて、まな板の上でごぼうをころがしながら、えんぴつをけずるようにして薄く切っていきます。

時間をかけなくても簡単にできてしまうので是非作ってみてください。

ちょっと贅沢過ぎると思ったら、お買い得な和牛のお試し肉に変えてみるといいですよ。

松阪牛リブロースの「柳川鍋」は贅沢な一品ですが、お酒の肴として、ご飯のおかずとして、
夏バテ防止にピッタリな料理です。

>>風味が違う松阪牛リブロース

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す