もつ鍋発祥の地は?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

motsunabe95673

もつ鍋発祥の地は博多です。

第二次世界大戦直後の食糧難の時代に、博多でもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものがもつ鍋のルーツです。

1960年代にはごま油で唐辛子を炒めてもつを入れてから味付け用調味料とネギ類を入れてすき焼き風に食べられていたそうです。

炭鉱で働いていた朝鮮半島から来た人々が作り始めた物で「ホルモン鍋」とも呼ばれています。

1992年、東京に博多風もつ鍋店がオープンすると、安くてボリュームがあり、酒によく合うなどと評判になり、、バブル景気崩壊後の風潮とも相まって、東京を中心に広く知られるるようになりました。

「もつ鍋」が同年の新語・流行語大賞銅賞を受賞するほどの一大ブームになりました。

その後、BSE問題や、一過性の流行であったこともあり、もともともつ煮が存在している東京など大都市圏では、定着しませんでした。

しかし、福岡では郷土料理として、BSE問題の余波は受けつつも根強い人気があることから老舗が多く、一般の居酒屋でも博多ラーメンとともに、博多の名物料理として人気メニューになっています。

最近では、鰹や昆布などでとったダシに醤油や味噌で味つけし、その中に下処理したもつと大量のニラ・キャベツともつの臭みを消すためのニンニクや好みで鷹の爪を入れ、煮込むお店が多くなっています

もつ・野菜を食べた後に残った汁に、ちゃんぽんの麺を入れて『締め』とするのが博多流で、牛のもつにこだわる店や水炊き風に酢醤油を付けて食べるスタイルを推奨する店などもあり、もつ鍋のスタイルも多様化しています。

ある調査結果によると、「好きな鍋料理アンケート」では8位でしたが、通販の口コミサイト「おとりよせネット」で、最も人気が高かったのがもつ鍋だそうで、お店でというのではなくご家庭で楽しむ方が多いようです

寒い季節には、お手軽価格でお腹いっぱいになり、体が温まることから根強い人気があるります。

また、ホルモンにはお肌に良いとされるコラーゲンがたっぷり含まれていて、また野菜も一緒に摂れるので、ヘルシーな食べ物として女性にも人気があります。

>>松坂牛専門店「やまと」 厳選和牛のもつ鍋セット

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す