専門家も認めるお肉の効果・効能

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

kenkoukazoku 150928

日本ではお肉に対して、「肉=脂・コレステロール」、「肉=悪」といったイメージがありましたが、最近ではその効果や効能を認める専門家も多くなり、お肉が見直されています。

お肉の主要な成分はタンパク質で、タンパク質は体を作る上でとても重要な成分です。

お肉のタンパク質は良質で、体の中で作ることのできない必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。

人間の体や筋肉とよく似たバランスでアミノ酸が構成されているため、人間の体に再構成されやすいという特徴があります。

もし、お肉の脂が気になるようであれば脂の部分は食べないようにし、霜降り肉は、少量だけ食べたり、しゃぶしゃぶやすき焼にして脂を落としてから食べれば、脂を取りすぎるということもありません。

お肉は脂ではなく、良質なタンパク質であることを意識して、積極的に食べることを心がけるようにしたいものです。

専門家も認めるお肉の効果・効能

■ 健康長寿の秘訣はお肉

kenkou-choujyu 0928統計的にも、お肉を食べる方のほうが食べない方より長生きするという結果が出ています。

お肉を食べることは体の健康を維持するためにとても良いことがわかっています。

しかし、高齢者の方はお肉を食べると胃がもたれる、コレステロールが気になるなど、健康
を意識してお肉を食べないようにしている方も多いようです。

食べないことが原因で起こる高齢者の「新型栄養失調」が近年問題になっているほどです。

高齢になると、若いころと同じ量のお肉を食べていても消化・吸収率が悪くなっているため、同じように消化・吸収することができません。

必要以上のお肉を食べる必要はありませんが、健康な体を維持していくためにも積極的にお肉を取り入れた食事が大切になってきます。

■ 女性に多い骨粗鬆症も予防

kotsusoshoushou 0927お肉は女性に多い骨粗鬆症の予防にも効果があります。

女性は男性より筋肉量が少ないので、脂肪を燃やしにくいと言われています。

また、脂肪燃焼作用のあるカルニチンは、年齢とともに減少する傾向がありますし、高齢になると運動量も低下して筋肉も落ちてしまいます。

意識して若い頃から適度にお肉を食べて体を作ることを心がけておけば、筋肉も落ちにくくなり、年をとってからの骨粗鬆症のリスクも減らすことができます。

■ 子どもにはお肉の節制よりも運動促進

kodomo-soccer 0926子どもにとって欠かせない成分がお肉に含まれていることは度存知ですよね。

成長期の子どもが1日に必要なタンパク質は75~90グラムで、大人と変わらない量が必要です。

体の大きさを考えると大人より多くのタンパク質を必要としてるわけです。

成長期とはいえ、子どもがお肉を多く食べることで肥満になるのではないかと心配されるかもしれません。

しかし、子どもは活動量、基礎代謝量が非常に高いので、エネルギーとしてどんどん使ってしまうので、体がタンパク質をたくさん欲しがります。

ですので、お肉をたくさん食べてもほとんど問題ありません。

お肉を抑制するよりも、脂の多いジャンクフードや甘いジュースの方がよほど肥満の原因になるので、そちらを気にすることの方が大事です。

そして、肥満にならないためには、摂取した分をきちんと消費することが大切なので、栄養バランスを考えてしっかり食べさせ、十分な運動をさせるように心がけましょう。

お肉が悪と思われていたのは一昔前のこと。

タンパク質は、子供から高齢者まで欠かすことのできない大切な成分です。

お肉を積極的に取り入れた食事を心がけ、健康な体作りを目指しましょう。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す