牛肉が長生きの秘訣!? ”肉好き”シニアが急増中!

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

niku-roujin 150701

お年寄りの食事はお魚や野菜が中心の「粗食」が当たり前のように言われてきましたが、
最近は「肉食系」シニアがにわかに増加しているといいます。

ある調査によると、2003年と2013年で比較してみると、60歳代では約1.3倍、70歳以で上は約1.4倍、肉の摂取量が増加しているといいます。

外食する高齢者の方も増えて、大阪でも人気のニューヨーク発のステーキハウス「ウルフギャング」を覗いて見ると若い世代に混じってシニア世代もちらほら・・・。

wolfgang's OSAKA 0423

専用熟成庫で28日間を目安にゆっくりとドライエイジングした「プライムグレード」の牛肉を、900℃のオーブンで焼き上げ、熱々の皿に乗せて出されるボリュームたっぷりのプライム ステーキをご夫婦で食べてる姿もめずらしくなくなりました。

高齢者の方に聞いてみると、7:3の割合で意識的に肉を摂取していると答える人もいて、肉好きのシニアが増えてることがわかります。

今年83歳になるあの有名な冒険家の三浦雄一郎さんも週に2回は800gのステーキをペロリと食べるそうです。

肉は筋肉を作るための大事なタンパク質だということはわかっていましたが、コレステロールなどを気にしてこれまでは高齢者の方は控えるのが当たり前という風潮がありました。

ところが最近専門家の間でも「高齢者は筋肉量が低下して歩けなくなることが心配なので、2日に1回ぐらいは
肉を食べた方がいい」という風に変わってきました。

最近では老人ホームの食事でもお肉を使った料理がよく並ぶようになったそうで、「高齢者=肉NG」という考え方は姿を消しつつあるようです。

若者世代では「草食系」が増加していますが、元気なシニア層では「肉食系高齢者」が確実に増えてるようです。

もちろん高齢者になってからの牛肉の食べ過ぎはよくありませんが、筋肉量の低下を避けるためにも適度の摂取は欠かせません。

私のおばあちゃんも最近ではよく牛肉を食べるようになりました。

以前は牛肉が大好きだったのですが、お医者さんからも控えるように言われてたようで、あまり食べないようにしていたようです。

今では大好きな牛肉がまた食べられるようになって喜んでいます。

やはり、好きなお肉を我慢しているとかえって健康に悪いように思えます。

幸せそうに牛肉を食べてる姿を見てると私も幸せになってくるような気になります。

肉好きな私だから感じることなのでしょうか?

牛肉は良質の動物性タンパク質で、リジンなど、植物性タンパク質にはない大切な成分もあります。

植物性食品に含まれるものより効果的に吸収されるので、鉄の摂取量が不足しがちな日本人に向いているといえます。

ビタミンB群は老化防止、免疫力強化、造血作用に効果がありますので、高齢者の方ほど効果的に摂取するといいのではないでしょうか。

美味しい和牛肉、やっぱり最高ですよね。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す