美味しいステーキを焼くコツ

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

oishiistake01

日本でステーキといったら牛肉を使ったビーフステーキを指します。

一般的には、フライパンや鉄板を使って焼きますが、炭などを使って直火で焼くと、炭の香りがして余分な脂も抜けて格別な美味しさが楽しめます。

牛肉の美味しさをシンプルに味わうならステーキが最高ですよね。

せっかくのビーフステーキなので美味しく焼く方法をまとめてみましょう。

まず、お肉の選び方ですが、お肉の専門店で買う場合はその都度切ってくれるので問題ありませんが、スーパーなどではパックに入っていることがほとんどです。

パックに入っている場合は、ドリップ(赤い汁)が出てなくて、キメが細かく、しっとりとしたツヤのあるものを選びましょう。

調理するまでに時間がある場合は、チルド室で保存してください。

また、買い置きして冷凍庫で保管していたお肉もチルド室に移してうっくり解凍してください。

ゆっくりと解凍することで、肉の線維が融解しないので、ドリップもほとんど出ることなく、元の状態に戻ります。

そして焼く30分前には冷蔵庫から出して室温に戻しておきます。

これは、お肉を冷蔵庫から出してすぐに焼くと、表面だけを急激に加熱することになり、中まで熱が入りにくいので、よく焼こうとして表面を焦がしてしまうことになります。

また、完全に解凍されていなければ、表面が焼けていても中は生のままということになってしまいます。

そして、高級な和牛肉なら別ですが、ちょっとお安く買ったお肉などは、筋や繊維を包丁で切れ目を入れておくと、焼いたときに縮むこともなくキレイに焼きあがりますよ。

oishiistake02

こうすることでお肉も柔らかくなります。

筋に切れ目を入れる場合は、八の字に切れ目を入れるのがコツです。

そして、お肉を焼く直前に塩とコショウを均一にふりかけます。

表面に塩をふることは、単に味をつけるというのではなく、お肉をさらに美味しくするポイントになります。

塩をふると、肉の表面の水分で溶けて濃い食塩水の状態になります。

お肉は濃い食塩水を薄めようとして内部にある水分を引き出して、お肉自身が引き締まって焼きやすくなります。

ただし、お肉に塩をふった状態で置いておくと、塩の脱水効果によって肉汁が流れ出してしまい、お肉の旨味成分まで流れ出してしまいますので、塩は焼く直前にふるようにしましょう。

フライパンや鉄板で焼く場合は、煙が出るくらいまでよく熱してから油を入れて、お肉が表になる側を下にして入れます。

ステーキを美味しく焼くコツは火加減にあります。

短時間で肉の表面のたんぱく質を焼き固めて、中のジューシーな美味しさを閉じ込めるのがコツです。

弱火で焼くと、肉のたんぱく質が早く固まらず、肉汁が流れ出て、 せっかくの肉の旨味成分が失われてしまいます。

最初は強火で焼きますが、ずっと強火で焼いていると中まで火が通る前に、表面が焦げて硬くなりすぎてしまいますので火加減を調整しながら焼いていきます。

肉の表面にこんがりと香ばしい焼き色がついてきたら、火を弱めて焼くようにしましょう。

レアは約30秒、ミディアムは約60秒、ウェルダムは約90秒、弱火で焼くのが目安です。

片面が焼けたらひっくり返して、もう片面を焼きます。

ひっくり返す前に余分な油はキッチンペーパーなどで拭き取っておきましょう。

oishiistake03

これだけのことに気を付けるだけで、同じお肉でも格段に味が違ってきます。

お肉のことがちょっとわかっているだけで、ステーキを美味しく食べることができますので是非試してみてください。

>>お買い得な米沢牛ステーキ肉

 

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す