お歳暮で何を贈りますか?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

2016-oseibo-img

私たちの住んでいる日本では、年の瀬にお世話になった方に感謝の気持ちを込めて「お歳暮」を贈る習慣が古くからあります。

日本の文化でもあるお歳暮は、人と人の繋がりを確かめるための儀式といってもいいでしょう。

あなたはお歳暮に何を贈りますか?

あの人にはこれを、あの人にはあれをといった具合に、一人一人その人に合ったものを選びますよね。

・普段では買わないちょっと贅沢なもの

・地方の特産品など珍しいもの

・スーパーなどでは手に入らないもの

など、

お歳暮で何を贈れば喜んでもらえるのかを考えるのではないでしょうか。

いくらいいものを贈ったとしても、贈る時期が悪ければ台無しです。

お歳暮の時期は12月10日から12月20日くらいまで、遅くとも12月25日までに届くようにするのが一般的な常識です。

値段は3,000円から10,000円が相場ですが、心のこもったものを贈るようにすればいいのではないでしょうか。

そもそもお歳暮はいつから始まったのかご存知でしょうか?

お歳暮の歴史

お歳暮のルーツは中国にあるとされます。

中国では1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元といい、天の神を祭る日とされていました。

これに日本古来のお盆という祖先の霊を供養する行事がまじり、定着したのが「お歳暮」「お中元」といわれています。

お歳暮は暮れに家々で行われた祖先の霊を祭るときの供え物を、近所の人やゆかりの人に分け合うことから始まっています。

お歳暮物品によって相手を豊かにしようというものではないので、水引やのしをつけて贈ったそうです。

たとえ扇一本だとしても、それに託されるのは魂ですから、心がこもっているわけです。

現在の紅白の水引が用いられるようになったのは、足利時代の中国との貿易の影響だといわれています。

そして、日本でお歳暮の歴史がはじまったのは室町時代ともいわれています。

江戸時代には、武士が組合をつくっていたため、このときにその組頭に贈り物をする習慣として根付いていきます。

そして明治時代に入ってからは、官吏が権力を持つようになり、官吏に対して高価な贈り物をすることによって、自分の生活の安寧を約束してもらうという別の性格を持つようになります。

相手に感謝を込め祝福するものだったお歳暮が、利害をもとにした取引の道具に使われていました。

お歳暮に込められていた贈答思想は、わずか100年で違った意味合いを持つようになったようですが、江戸時代以前の魂を込めるという倣いが根底にはあります。

この習慣はやがて使用人と雇い主の間にとどまらず、親しい友人同士にまで広がっていき、現在のお歳暮の風習となっているようです。

一昔前までは、会社の社長や上司に贈る人が多かったのですが、終身雇用の形態が崩れつつある現在ではその形も大きく変わってきています。

最近では、両親、おじいちゃん、おばあちゃんなどの家族や親戚、親しい友人などに贈る人が増えています。

贈るものも時代とともに変わっていきますが、最近どんなものが人気なのかご存知でしょうか?

お歳暮の定番・人気商品

以前は会社関係の方や上司に贈るのが普通でしたが、最近では時代の変化とともに年功序列型から実力社会になり、上司がいない横並びの会社組織が増えていて、お歳暮のやり取りも無くなりました。

そんな事情もあり、お歳暮を両親や親戚、親しい人だけに贈る人が増えています。

離れて暮らしている両親に感謝を込めて、或いは親しい友人に感謝の意味で、一部では自分へのご褒美としてのお歳暮もブームになっています。

お歳暮の商品は年を追うごとにバラエティーゆたかになり、毎年のように多種多彩な新しい商品が登場していますが、昔から根強い人気を誇る定番の商品もあります。

5,000円くらいの人気の商品といえば、昔から変わらないのがビールセットです。

そして、ハムやスーツ、お菓子などがこれに続きます。

最近、お歳暮の人気商品として注目を集めているのが、新鮮なお肉やフルーツなどの美味しいグルメを、産地から直接届けてくれる「産地直送」の商品です。

産地直送の商品はネットで探せばいろいろなものが入手できますし、何よりも現地まで行かなくても手に入れることができます。

一昔前ならデパートの包装紙で包まれたものがお歳暮として喜ばれていましたが、現在ではもらって本当に喜ばれるものが選ばれているようです。

私は牛肉が好きなこともあり、両親や親しい人のお歳暮には和牛のギフトを贈っています。

よく贈るのが松阪牛専門店「やまと」さんのギフトです。

松阪牛専門店「やまと」のお歳暮

matsuzakaushi-gift-01

松阪牛は神戸牛、近江牛とともに日本三大和牛と呼ばれる最高級の和牛です。

その中でも松阪牛なら比較的リーズナブルな価格で購入できます。

「やまと」さんの松阪牛なら、これまでにも度々利用していますが、味、品質ともに、大切な方に贈っても喜んでもらえること間違いありません。

年末のこの時期には家族で集まることが多くなるので、割り下も付いているすき焼き用を贈っています。

matsuzakaushi-gift-02

送料、熨斗、メッセージカード、化粧箱もすべて無料です。

その他にも、ハンバーグ、上カルビ、ダイヤモンドカット、松阪牛ジャーキー、牛もつ鍋セットから選べる「ギフト券A」、ステーキや、切り落とし、角切りステーキ、ハンバーグ、牛もつ鍋セットから選べる「ギフト券B」など、さまざまなタイプの「ギフト券」もあります。

お世話になったあの方に、親しい方へのお歳暮、今年はみんなか喜ぶ松阪牛にしてみるのもいいのではないでしょか。


あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す