近江牛のロースブロック肉で作る美味しい「たたき」

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

oumiushi-tataki 0604

たたきは主に魚で使われる調理法で、中はレアのまま、表面だけを軽く焼くものです。

では、牛肉のたたきとローストビーフって何が違うんでしょうか?

それは火の通し方に違いがあります。

「たたき」は刺身の一種なので、表面を焼いても中央部は冷たいままです。

一方「ローストビーフ」は焼肉なので、中央部まで火を通します。

「たたき」は日本の、「ローストビーフ」はヨーロッパの、いずれも伝統的な調理法です。

牛肉は「たたき」にすることで旨味が凝縮され、表面の香ばしさと、内側の旨味の両方を楽しむ
ことができます。

芸術品ともいわれる霜降の近江牛を使った贅沢な和風仕立ての「たたき」です。

近江牛のロースブロック肉で作る「たたき」

<材料>4人分

・近江牛ブロック肉:400g

・長ねぎ:1本

・しょうが:1片

・ニンジン:適量

・うど:適量

・わさび:少々

・塩:少々

作り方

1) 牛肉の全面に塩をふり、すりこんでおきます。

2) 十分に熱したフライパンに牛肉を入れ、表面に香ばしく焼き色を付け、氷水に入れます。
十分まわりが冷えたら取り出し、ペーパータオルにくるんで置いておきます。

3) ねぎ、しょうがは千切りにして水にさらしておきます。

4) うどとニンジンは皮をむき、2mm角くらいの太さの拍子切りにします。

5) 水気を切った牛肉を1cm程度の厚さに切ります。

6) 器にねぎ、しょうがを敷き、その上に牛肉を盛りつけ、うどとニンジンをあしらい、おろしわさびを添えます。

ちょっと上品な感じですが、野菜は好みでチョイスしてもいいですよ。

ポイント

ちょっとこがしすぎたかなぐらいでも大丈夫、十分に焼き色を付けることです。

oumiushi-tataki 0605

水の中につけると、こげ色は薄くなります。

焼いたら急激に冷ますことポイントで、じわじわさますと余熱で中まで色が変わってしまいますので要注意です。

さっぱりとした近江牛のロースブロック肉で作る美味しい「たたき」を是非試してみてください。

>>近江牛 ロースブロック肉 1Kg

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す