日本とアメリカではステーキの好みも違います

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

steak-circumstances0201

日本で人気のステーキの部位といえばサーロインやヒレですが、アメリカではサーロイン、フィレミニョン(ヒレ)、ティーボーン(T-Bone)、リブアイ(デルモニコ)、ニューヨークストリップなど、人気の部位も変わってきます。

同じステーキ肉でもア日本とアメリカでは好んで食べられる部位にも違いがあります。

サーロインは、ステーキ肉として日本人に最も人気の部位で、牛肉の中では最高の肉質を持った部位です。

牛肉の中で唯一「サー」の称号を与えられたことでも有名です。

柔らかく甘みがあり、ジューシーな霜降りが多いのが特徴です。

もう一方の人気部位のヒレは、1頭の牛からほんのわずか3%程度しかとれず、こちらもサーロイン、ロースと並ぶ高級部位です。

とても柔らかく脂肪が少ない上品な味が特徴です。

ヒレ肉の中でもっとも柔らかい部位のシャトーブリアン、ヒレを小さくカットしたミニヨンなど、この部位をさらに細かく分けた呼び方もあります。

一方アメリカ・ニューヨークのステーキ専門店で人気なのが、サーロイン、フィレミニョン、ティーボーン、リブアイ、ニューヨークストリップなどです。

一時期日本でもはやりましたが、ティーボーンはT字型の骨を中心に片側にサーロイン、反対側にフィレがくっついていて、1度で2度楽しめるステーキです。

T-Bone0201

リブアイはデルモニコとも呼ばれ、どちらかというと脂身が多いステーキで、リブ(アバラ)の近くの肉で柔らかく美味しい部位です。

Ribeye0201

ニューヨークストリップとはサーロインの近くの部位で、リブアイに似ていますが、リブアイよりも固めで噛み締めて味わうタイプのお肉です。

New York Strip Steak0201

アメリカのステーキは日本のようにきめ細かな霜降りが入っているものはなく、大雑把なサシが入っているものmarbling と呼びます。

日本のように箸で切れるほど柔らかな肉ではなく、ナイフで豪快に切って口に放り込むような感じの食べ方がアメリカンステーキです。

「肉を食べているぞ!」という感覚にさせてくれるのがアメリカのステーキの醍醐味です。

ティーボーンはそれとわかりますが、リブアイとニューヨークストリップでは見ただけでは違いは判りません。

そして出されるステーキの大きさにはビックリしてしまいますよね。

私はハワイやニューヨークでも、注文したステーキを平らげたことがありません。

きめ細かな霜降りが特徴の和牛、ちょっと硬いけれどヘルシーな赤身が特徴のアメリカ牛・・・。

ステーキといっても日本とアメリカではこれだけの違いがあります。

あなたは和牛肉派、それとも輸入肉派、どちらがお好きですか?

私は毎日ステーキを食べるわけではないので、やっぱり和牛が好きです。

柔らかくてジューシーな味わいは和牛だけのもので、アメリカやオーストラリアの輸入肉では味わえませんものね。

美味しいステーキ食べたいものですが、和牛と輸入肉、上手く使い分けたいものです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す