すき焼きの原型は『牛鍋』

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

gyunabe01

 

 

 

 

 

 

和食には欠かすことができない「すき焼き」が広く食べられるようになったのは明治以降、文明開化の頃からです。

明治時代に入ると、西洋から肉食文化が少しずつ入り始めてきて、浸透していったものです。

すき焼きの語源は『鍬焼き』

鋤や鍬の刃のうえに獣肉を乗せて焼いていたことに由来しています。

すき焼きの原型というべき『牛鍋』は、イノシシのぼたん鍋や鹿の紅葉鍋を参考にした味噌仕立ての鍋でした。

仮名垣魯文は『安愚楽鍋』で「牛鍋食わねば開化不進奴(ひらけぬやつ)」と記しています。

文明開化の時代では『牛鍋』はハイカラな食べ物だった訳です。

牛鍋の発祥は横浜で、最初の牛鍋屋は「伊勢熊」だったそうです。

横浜では現在も明治創業の牛鍋の老舗「じゃのめや」「荒井屋」「太田なわのれん」の3軒が営業しています。

ota03jgsewb

 

 

 

 

 

「太田なわのれん」 ホムページ

明治10年頃には東京に550軒もの牛鍋屋があったといわれています。

諸説ありますが、すき焼きを初めて出したお店は京都の「三嶋亭」だといわれています。

ky01

 

 

 

 

明治6年、三条寺町で創業した「三嶋亭」は現在もこの地で営業していて、創業当時と変わらない味で多くの食通の舌を魅了しています。

いずれにしても「すき焼き」は日本人にとっては欠かすことのできない食文化です。

日本人ならずとも美味しいすき焼きを食べれば心も和んできます。

当時に思いを馳せて「すき焼き」を食べると文明開化の味がするかもしれませんよ。

トップページへ戻る

 

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す