幻の黒毛和牛といわれる淡路ビーフとは?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

awajibeef01

三重県の松阪牛や、滋賀県の近江牛、神戸ビーフなど、世界にも名高い日本を代表するブランド牛肉の素牛となっているのが、淡路島の但馬牛である淡路和牛、すなわち淡路ビーフなんです。

食通の間でも広く知られたことで、淡路ビーフを食べるためにわざわざ淡路島まで足を運ぶ人も多い幻の黒毛和牛と呼ばれる所以です。

但馬牛は日本で唯一、他府県産和牛との交配を避けてブランドを維持している黒毛和牛です。

今日でも淡路島では優れた母牛によって計画的な交配を行い、極めて優秀な資質を継承しています。

超1級の肉質はこのような天性の資質に加えて、長年にわたる飼料の改良などの努力と、そして淡路島の温暖な気候と澄んだ空気と水という恵まれた自然環境の中で生まれるわけです。

但馬ビーフという全国的に知られたブランドの呼称の中に、淡路ビーフ、神戸ビーフ、三田ビーフなどという地方ブランドの呼称があります。

ちょっとややっこしいのですが、但馬牛=神戸ビーフ=淡路ビーフということになります。

awajibeef02 awajibeef03

神戸ビーフは、数ある黒毛和牛ブランドの中でも別格な存在といっても過言ではありません。

神戸ビーフが世界手に認められている理由もそんなとこにあるわけです。

日本で消費される和牛の中で、淡路島で生まれ淡路島で育てられ、淡路島の食肉センターで解体処理され、しかも日本食肉格付協会が定めた規格の「上」以上に相当する淡路和牛のみが、純粋に淡路ビーフを名乗ることができます。

しかし、その牛肉の割合は、わずか1%にも満たないことから、幻の黒毛和牛と呼ばれるわけです。

繊細な淡路和牛は、他に例をみないその赤身肉に特長があります。

awajibeef04

淡路ビーフは、筋繊維が細かくて柔らかく、与える資料によって脂肪が赤身肉の中まで細かく入り込み、筋肉の鮮紅色と、脂肪の白色が細かく交雑する「サシ」が入っています。

最高級の味の秘密は、このような淡路和牛独特の育て方から生れれるわけです。

熱を加えるとサシが溶け、赤身肉の旨味と脂肪の香りが微妙にとけあい、まろやかな和牛肉の美味しさをを醸し出します。

関西に住んでいる方でもあまり知られていない淡路ビーフは、一度食べてみる価値のある美味しい和牛です。

>>淡路ビーフ直販店

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す