究極の和牛と呼ばれる千屋牛

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

chiyaushi 150903

 

千屋牛とは岡山県新見市千屋地区で育てられている黒毛和種のことをいいます。

江戸時代に備中国阿賀郡実村(現・新見市千屋)で盛んだった鉄山業で労役牛として使われていました。

千屋地区は冷涼で降雨量が比較的多く、牛の飼育に適している土地であったため、古くから牛の生産が盛んだったそうです。

千屋牛は元来小型で少産の牛でしたが、千屋村の豪農太田辰五郎(1802~1855)たちによって、但馬産の優れた種牡牛を導入するなど、当時としては革新的な改良技術が行われ品種改良されていったそうです。

ペリーが黒船でやってきて日本中が大騒ぎになっていた頃のことです。

そして、太田辰五郎は1834年(天保5年)に千屋牛馬市を開設し域内で生産された優れた牛の販売を始めた。

これが千屋牛の始まりです。

辰五郎は、新見の竹の谷集落の難波千代平の良い牛を購入し、千屋に連れて帰り、牛の子を農家に預けて牛を増やしたそうです。

こうして生まれたのが「竹の谷蔓牛」。

それが千屋牛の祖先になったそうで、昭和に入ってから、和牛登録協会の創設者・羽部義孝氏が日本の和牛改良のルーツを調査したところ、なんと日本最古の「つる牛(系統牛)」が岡山県新見市にいたことがわかったそうです。

日本最古の蔓牛は千屋牛ということで、”和牛の中の和牛“というわけです。

千屋ダムには、碁盤に乗る千屋牛のブロンズがありますが、これは地元の伝統芸能「千屋牛の碁盤乗り」で、千屋牛は訓練次第でこういった芸能もこなすということだそうです。

松坂、近江、神戸牛のルーツと言われながらもその肥育頭数の少なさから全国に出回ることが無かったことから”幻の和牛”とも呼ばれる千屋牛。

まさに知られざる銘品、究極の和牛なんです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す