和牛の中でも長い歴史を持つ広島牛

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

wagyu-hiroshimaushi1215

広島牛は、比婆牛とか神石牛とも呼ばれ、江戸時代後期には、中国山地の谷ごとに「蔓(つる)」という名称で、雌牛側の系統を縷々とつないできています。

一説によれば、その歴史は室町時代まで遡るとも言われています。

広島牛は、比婆系統と神石・双三・高田などの系統、2つの系統が古くから知られています。

比婆牛は県の東北部に位置する比婆郡を中心に肥育される和牛で、古くから改良が加えられています。

中国山地の奥深い比和町では、約150年前の天保年間にはすでに岩倉蔓が誕生しており、
明治初年には帝釈村、現在の東城町の有実(ありざね)蔓も広く名声を博していたとの記述が残っています。

もう一方のその他の系統、神石郡を中心とする神石牛は、和牛改良の歴史も古く、また県内外に購買される頭数も多く、広島牛の代名詞になっていました。

しかし、時代の変遷とともに和牛が役牛から肉牛へと転換してゆくなかで、あづま蔓の欠点といわれる資質、前躯幅の改善を図ることが必要となり、系統間交配の交配相手は但馬牛にも求められました。

比婆や神石の固定された発育、体積良好な系統に、但馬の固定された資質良好な系統牛を交配することで、発育・体積・資質の美点を兼ね備えた現在の広島牛へと改良されていったわけです。

昭和61年には、2系統の改良成果をふまえ、産肉形質の一層の改良を目指して、比婆・神石・双三・高田の育種圏を統一して、比婆牛と神石牛系統間交配による広島牛への改良が始まりました。

4育種圏の統一は、昭和58(1983)年から3年間にわたって実施した比婆系と神石系の系統間交配実験事業により、2系統間交配の代表種雄牛として「初代14」が誕生しています。

これが現在の広島牛のもととなっています。

現在の広島牛には日本の多くの和牛のルーツと同じく、但馬牛の血統が流れていることになります。

広島牛の特徴は無駄な脂が少ないお肉です。

肉色は鮮紅色で小さなサシが細かく入り、これが広島牛ならではの繊細な味わいと豊かな風味を生み出しています。

広島牛は、食通の間でも評価が高く、隠れた美味しい和牛として人気の高いブランドです。

黒毛和牛の伝統を受け継いださっぱりとした赤身といったとこでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す