伊賀忍者も食べていた隠れた黒毛和牛・伊賀牛

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

wagyu-igaushi67294

伊賀牛は、松阪牛ほど有名ではありませんが、三重県の伊賀地方で育てられている黒毛和牛で、隠れた高級和牛とも呼ばれ、食通の間では人気の高い牛肉です。

その歴史は古く、1310年の「国牛十図」という国内牛についての書物に、伊賀牛(大和牛)の記載があります。

当時は食用としてではなく使役用として使われていたようです。

江戸時代に入ると伊賀忍者の非常食として、伊賀牛の干し肉が用いられたといわれ、文献も残っているそうです。

あの服部半蔵も食べてたんでしょうかね。

伊賀牛の始まりは、1886年に三重県が畜産振興を目的として、兵庫県但馬地方から種牝牛10数頭を購入して伊賀牛の畜産が始まり、1905年に金谷清三郎によって伊賀牛の肉を東京に出荷したことが、現在の伊賀牛の商品化の先駆けになっています。

当時、通の舌を魅了した賀牛は、カネカ牛とも呼ばれ、優良な肉質と評判が良く、カネカ牛の木札を拾って肉牛につけて売ると、その牛は高く売れたとも伝えられています。

こうして、今日の伊賀牛の基礎をつくった、金谷氏は、大正13年7月 64歳でこの世を去っています。

人の死と共に名はすたるの通り、伊賀牛も衰退し、松阪牛に取って代られています。

金谷清三郎がの流れを受け継ぐお店は、元祖伊賀肉「金谷」として、伊賀上野本店や名張にあります。

わざわざその味を求めて、県外からも多くの肉通たちが通う評判のお店です。

中でも一番の人気メニューは、伊賀牛を使った金谷名物「寿き焼」です。

igaushi-kanaya67934
元祖伊賀肉 金谷 ホームページ 

食べた人の多くが「天下一品の味」と評価する「寿き焼」は、一度食べてみる価値ありの名物料理です。

特有の風味は松阪、神戸をしのぐとさえ言われ、ステーキでも美味しくいただけますよ。

伊賀牛は、一度食べてみると納得のできる美味しい和牛です。

>>産地直送! 国産黒毛和牛 伊賀牛

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す