ヘルシーな和牛 神内和牛あか

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

jinnaiwagyuaka01

関根恵子さんとバーやの軽妙なCMでお馴染みの「神内和牛あか」。

「神内和牛あか」が注目されるようになったのは、肉も脂肪分の多い黒毛和牛と異なり、脂肪分は適度で、肉質は柔らかく、旨味が豊富な赤みが多く、よりヘルシーな牛肉だからなんです。

和牛の中で最も多く生産されているのは神戸牛や松坂牛に代表される黒毛和牛で、食肉用の和牛全体の95%以上にのぼり、 最大の特徴は、脂肪交雑が多いことです

それに対してあか毛和牛の特徴は、脂肪交雑が適度で、旨味を豊富に含む赤身が多いことです。

健康志向や嗜好の多様化などに伴い、牛肉に対する嗜好も変化するなか、 あか毛和牛には黒毛和牛とは異なる、牛肉の魅力を伝える可能性が秘められた和牛です 。

あか牛とは、褐毛和種(あかげわしゅ)のことで、くまもとあか牛に代表される熊本系と、土佐あか牛の高知系に分けられ、いずれも起源は韓国の韓牛といわれています。

あか牛は、耐寒・耐暑性に優れており、放牧に適し、性格がおとなしく飼育しやすいという特性を持っています。

国内で食べられている牛肉で一番多いのが60%を占める輸入肉で、和牛が占める割合は全体の約16%、あか牛に至ってはわずか0.36%にすぎず、貴重な存在だということがわかります。

そんなあか牛を北海道・浦臼町で育てているのが神内ファーム21です。

神内ファーム21は、消費者金融大手のプロミスの創業者・神内良一氏が、農業への貢献を新たな目標として私財を投じて1997年に設立されています。

2010年「神内ファーム21」が開催した「あか毛和牛試食会」では、95.6%の人からあか毛和牛は「おいしい」と評価されています。

あか毛和牛の特徴に対する評価では、「脂肪分が少なくヘルシーな和牛」が79.4%、「赤身が多く、適度な霜降り」が73.3%など、高い評価を得ています。

神内和牛あかは、、脂肪分が少なくヘルシーな和牛にもかかわらず、適度な霜降りで和牛本来の旨味も楽しめるお肉です。

jinnai-aka 0907

 

メタボや脂肪が気になる方も、ヘルシーで旨味豊かな赤身肉のジューシーさをお楽しみください。

>>神内ファーム21オンラインショップ

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す