見島牛は日本古来の純粋和牛

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

mmu001

見島牛は、山口県萩市見島で飼育されてきた日本古来の純粋和牛です。

西洋種の影響を受けていない日本の在来牛は、現在見島牛と口之島牛の2種類しか残っていません。

見島牛は第二次世界大戦後まで役牛として600頭前後が飼育されていましたが、農業の機械化と共に一時30頭前後まで減少してしまいました。

1928年に国の天然記念物に指定され、『見島ウシ保存会』の努力で雌83頭、雄15頭(2000年)が保存されています。

現在、和牛として流通している品種は、明治時代、在来の和牛に多くの外国種を交配して作られましたが、見島牛は外国種の影響を全く受けていません。

体格は小さく、平均体高は130センチメートル前後で、体型は前躯が優っていて、全体として改良程度の低い、粗野な感じの印象があります。

生まれた雄は、繁殖用を除き去勢され食肉用に回されました。

その肉質は筋繊維が細かくて、脂肪交雑の多い、非常に優秀な霜降り肉になっていて、高級和牛と呼ばれるものとも一線を画す味ではないでしょうか。

市場に回ることは非常に希で、年間僅か12頭程度に過ぎず、極めて高価な幻の超高級牛肉として食通ならずとも垂涎の的となっています。

バイオテクノロジーの活用によって、山口県畜産試験場で保存されている見島牛の雄とオランダ原産のホルスタインの雌の交配により生産された一代雑種が見蘭牛(けんらんぎゅう)です。

肉質はとても優秀で、枝肉歩留まりも高く、見島牛の影響できめ細かい脂肪の霜降り入り肉で、ホルスタイン種の影響で発育が良く、また、純粋種どうしの交配であるため、肉質にばらつきが少ないのが特徴です。

mmu002

和牛の霜降り肉の「起源」であり、和牛本来の「自然な」霜降りを持つのが見島牛です。

私は米沢牛と同じくお寿司でいただきました。

見た感じ黒毛和種の霜降り肉と同じように見えますが、脂のしつこさはなく、とてもあっさりとしていて、脂の融点も低いので口の中に入れるととろけていきます。

mmu003

お寿司と一緒に網焼きにして食べてみました。

表面をちょっとこんがり目に焼いて内側はレアでいただきました。

脂の旨みと赤身の旨みのバランスがとてもよく、しつこさも全くなくお肉本来の美味しさが堪能できました。

mmu004

見島牛や見蘭牛はデパートなどでも販売されることがない大変希少なものです。

ただの霜降り肉に満足されない食通の方、一度食べてみたいという方、山口県・萩市のミドリヤファームのオンラインショップで販売されていますので覗いてみてくださいね。

  見蘭牛 ミドリヤファーム オンラインショップ

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す