新鮮で美味しい牛肉を見分ける方法

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

onikuerabio1wa

新鮮な牛肉の見分け方は知っているつもりでも、いざとなれば美味しい牛肉の見分け方はよくわかっていないような気がします。

せっかくお肉を食べるのだったら、新鮮で美味しいほうが嬉しいので、普段何気なく買ってしまう牛肉の見分け方をまとめてみました。

牛肉の品質は脂ののり方で決まりますので脂ののったお肉かどうかは、肉のつやを見ればわかります。

逆に乾いた感じでつやのないものは、かたくてうまみに欠けます。

切り口のきめの細かいしっとりしているものを選ぶようにするといいでしょう。

新鮮で良質なお肉の色は鮮紅色が標準的な新鮮な色ですが、良いものはツヤのある鮮紅色になります

onikuerabi02kyu

空気に触れていない中身は沈んだ紅色で、空気に触れている表面はキレイな鮮紅色になります。

これはお肉に含まれるミオグロビンが空気、つまり酸素と触れることによって起こる酸化現象なのです。

赤身の部分は赤い色がキレイに出ていて濃淡にばらつきのないものを選ぶといいですよ。

重なった肉の下側が黒っぽくなっていることがありますが、これは空気に触れていないため、色素が発色しなかっただけなので問題ありません。

良いお肉脂肪は、色は白色または乳白色で適度な弾力と粘りのあるものです。

このような脂肪は優れた香りと旨みを持っていて、お肉の味を一層引き立てさせます。

「Jビーフマーク」をご存じですか?

onikuerabi03ssx

「Jビーフマーク」は、消費者がひと目で国産牛肉とわかるように付けられるマークです。

国産牛肉ならではの「新鮮で安心で美味しいマーク」なので、牛肉を選ぶ際の一つの目安になるんではないでしょうか。

知らなかった方は覚えておいてくださいね。

お肉のきめは、細かいとか粗いという表現になりますが、これは肉の良し悪しを判定するものとは意味が違います。

お肉のきめが細かい部位は、あまり運動をしないところで肉質は軟らかいのが特長です。

一方、よく運動する部位はきめは粗く肉質は硬い部分になります。

お肉の良し悪しは、その料理に向く最適な部位がどうかということになります。

また、お肉のどの部位を使ってどんな料理にするのかによっても変わってきます。

新鮮で美味しいお肉選びのポイントを簡単にまとめると、赤身部分は鮮紅色、脂肪は白色または乳白色で適度な弾力と粘りのあるものということになります。

新鮮で美味しいお肉選びの参考にしてくださいね。

トップページに戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す