和牛と国産牛は同じ牛ではない!

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

wg001

みなさん和牛と国産牛が同じ牛だと思っていませんか?

どちらも日本の牛というイメージがありますがまったく違うものなんです。

日本で販売されている牛肉は、一般的には「和牛」「国産牛」「輸入牛」に分類することができます。

「和牛」と「輸入牛」に含まれないのが「国産牛」なんです。

ホルスタインなどの乳用種のほか、乳用種と肉用種を交雑させた「F1」と呼ばれる交雑種、そして日本で3ヶ月以上肥育された外国産の牛が含まれます。

なお、国産牛として日本で肥育できる外国産の牛は、外国種に加えて、1998年から和牛品種も認められています。

消費者にとってなかなかわかりづらく、日本国内で生産された牛なら「国産牛」なんです。

一方「和牛」というのは、日本原種の牛で、黒毛和種、日本短角種、褐毛和種、無角和種の4種類だけです。

つまり、日本古来の血統を持つものが「和牛」で、「国産和牛」という言い方をされることもあります。

有名な日本三大和牛の神戸牛や松阪牛、近江牛は何かというと、和牛に産地の名前をつけたブランド牛なんです

これら高級ブランド牛は、産地や生産者、品質などの情報がしっかり公開されているので安心して購入することができます。

希少な高級品なのでお高いですが………。

2010年度の日本における牛肉の生産量を表したデータがあります。

wg002

やはり和牛は希少なもので、全体の17.9%と僅かなものです。

「産地」と「国産牛」と表示されたものが、あたかも有名ブランド牛のように扱われることがありますが、これは「和牛」であることの証にはなりません。

イメージだけが先行してしまって高級と受け取られるものもありますが、はっきり区別しておきましょう。

「和牛」は、消費者の口に届くまでには大変な時間と労力がいります。

また、数に限りがあり大量に生産することはできません。

希少な高級ブランド「和牛」が、人気で価格が高いのにはこんな理由があるからなんです。

首都圏と関西圏で調査を行ったところ、首都圏では4人に3人以上、関西圏では80%以上の人が、2つの種類があることを認知していましたが、その違いについて、あまり知られていませんでした。

ちょっとした知識を持っていれば、安全で安心して食べることができる牛肉を選ぶことができます。

いつもはパッとみの表示と価格で選んでしまう牛肉も、少し違った見方ができるのではないでしょうか?

大切な家族のみなさんに美味しい牛肉を選んであげてくださいね。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す